最初の龍との出会いから今まで
アメブロに書いてた記事を転載

龍とご縁紡ぎによってご縁を深めた話 その1


テーマ:
みなさん、おはよーございます。
文字魔女かおるです。あさからちょっと不思議な話。
動画ではしょっちゅう喋ってますが笑い

うちのルーク君。

ちびっこです。

まだ言葉は話せなくて
少し前に『おはよう』っていったら

って返せる感じ。

うちの息子たちの方が
よく喋ります。

15日の夜にね
小原智子さんに
龍とのご縁紬ならぬ
絆 を深めてもらうのです。

ありがたいことにたくさんの龍はいてくれるのですが
そして感じておるのですが
ルークまだよくわからん。

だいぶ意識して感じるようになったけど
ルークの意志が感じ取れてないんじゃないかってね。

ま、喋りたいんだけど―笑い

それでね、水晶を用意すると良いって
おうちの居場所にもしてあげようって
ジオード買ったんです。
で、昨日届いた。

お願いしたのはこの方
きよこさんも龍族でね、すぐに話が通じるのよ。
おうちが欲しいって伝えたらわかってくれたから嬉しい。

でね、
子供たちが群がるので
寝てる間に開けようと
箱のまま置いてあるのね。

明日の朝に開けようかなと思ってほってたら
ルークが訴えてくる。。

中に入りたいと訴えてくる。。
(ジオードの)

また後でねーとか
スルーしてたら・・・

箱に噛みついてる!

開けようとしてる(;゚Д゚)

もう、それでもスルー(ひどい)

今もまだ箱の中(朝六時)
階段においてある。

雨がしとしと降ってね、寒いんですよ。

ルーク
箱に巻き付いて寝てます
ZZZ

いい加減、開けてあげよう汗

ガサゴソ(開封中)

飛び込みました、ルーク龍

そして寝ました笑

安心できる場所ができて良かったです。

さー、どう変化していくんだろうね私たち。

経過はブログと
ともこオンエア・文字魔女ちゃんねるで
お届けしていきまーす宇宙人

ほなねん

文字魔女かおる

 

これを書いてる人
userimg
百色の龍導師・坪内薫
施術の時には浄化龍、執筆の時には文豪龍、料理の時には美食龍などと、天空を漂う数々のドラゴンたちを自分の用途に合わせて召喚できる京都は嵐山の龍使い。もちろん自分だけでなく依頼があった時には自らの顧客にも龍を降ろすが、彼氏ができない人に相愛龍をつけたりはせず、むしろ真逆の戦闘龍をつけるなど別の方向に救いを見出しては、こっそりとそれを楽しむ天邪鬼。色々な意味でオイシイ状況を好むため、反対の「スベる」意味を持つバナナが嫌い。間違えてバナナマフィンを食べてしまうとどんな人でもスベり散らかす潤滑龍しか呼べなくなってしまうので要注意。

旦那さんと3人の子供たち、そして関ジャニ∞の大倉君とB'zがパッションの源。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事