最初の龍との出会いから今まで
アメブロに書いてた記事を転載

これはその1


テーマ:
おはようございます、文字魔女かおるです。

私のドラゴン祭り、スタートです。

 私のドラゴン祭り まとめ 

その0  おんコン受けました

その1  龍がやってきた

その2  子龍と戯れる

その3  ワクワクが吐き気に変身

その4  おんコンレポ1

その5  おんコンレポ2

昨日は丸1日、ドラゴンだらけでした。
なのでドラゴン祭りの流れを順に記事にしていきます。

21時半からおんコンを申し込んでいました。
ほんとはそこしかドラゴンは出てこない予定でした。

が・・・・・

昨日は用事があり2度外出しました。
天気が良かったのでベビーカーを押して。

よく通る神社の手水場には
龍のモチーフがあって、そこから水が出ています。

前を通る時に挨拶をしようとしたら
めっちゃ手水ばの龍が私を見てた!
バッチーんって目が合いました。

そんなこと初めてで
ビックリして、いつも龍がいる木を見上げると
そこにはいなくて、手水場の龍が私を見てた。

何かが起きそう、なんかあると思いながら
てくてく帰ってきたのです。

そして田中朋子さんと
メッセージのやり取りをしてて
お話しドラゴンがいるって楽しそうって
ココロの本音をぽろぽろだしていたのです。
(彼女、龍をお迎えされまして。詳しくはこちら)

せいちゃんが
周りに龍がいっぱいいるじゃないかと
いってくれるのですけれど、納得しない私。

確かに私の周りには
たくさんの龍がいます、いっぱい感じてます。

けど、すんごいでかくて、すんごい遠くて、
話す距離じゃないから寂しかった。

話しかければいいじゃんて言われても
なーんか違うんだよなって思ってたら
なんと彼女の龍(せいちゃん)が
私の所を覗きに来たの。
スゴイ一瞬だったけど。

私せいちゃんに話しかけようとした

瞬間

背中の後ろでものすごい何かが
ウネウネもぞもぞしてる感覚がした。

なんだこのリアルな感覚。
驚きましたが、龍だってわかった。

そのことで朋子さんと大盛り上がり!

来てくれた、連れて帰ってきたのかな
神社の龍はそう教えてくれてたのかな。

もう嬉しくてー、やっと喋れるって思ったら!!
まだすごい若いちびっこちゃんで
お話はできないの。

ボディーアクションで会話中。

白ベースで虹色に輝く龍。
ルークと呼ぶことにしました。

フランス語の虹
ラルク・アン・シエル

そこからピーンときた
ルークという名前です。

そばに居ることが嬉しくて
いないとちょっと寂しくて
も一人子供がいるみたい。

なんだか不思議でもほんと。

そんなところから祭りはどんどん盛り上がっていくのです。

つづく

これを書いてる人
userimg
宇宙系ボディーセラピスト・坪内薫
心と身体をつなげてパフォーマンスアップをサポートする専門家
アンフォールディング ボディワーカー/1975年7月京都生まれ、京都在住

独身時代はスピリチュアルとは関係のない会社員をしていたが、出産を機に興味のあった占いやヒーリングサービスの世界へ、2012年より多くの女性へお悩み解決のお手伝いをしてきた。近年は心と身体をつなげパフォーマンスをアップを主軸とするボーディータッチサポートに特化し、各地へ遠征しパフォーマンスアップのお手伝いをしている。

実は、占いやヒーリングを提供していた時に悩んでいました。相談者様の気持ちに寄り添いアドバイスをしても、占いの好転反応が出ることがあった。 本当に良いものなら好転反応も無ければ良いのに・・・。 そんな疑問を持って活動していたのですが、そんな時に寺嶋康弘先生のUnfolding Bodywork(アンフォールディングボディワーク)に出会い。 心と身体は繋がっているんだ!!と再確認。師事を仰ぎボディワーカーとなる。

今までの占いやヒーリングは、どうしても心(気持ち)のサポートが中心になってくる。 心だけ・身体だけの対応はどこかでズレが生じてしまう、しかし、このボディワークでは心と身体の声を聞き、両方のバランスを取ることでパフォーマンスのアップを実現している。

現在は経営者向けのボディワークに力を入れている。会社TOPのパフォーマンスが上がる事で、会社全体が好転する事が実証済み。 こちらからの信頼と尊重が、さらなるパフォーマンスアップに結びついている。京都でのサロンワークの他に、全国各地への出張も活発に活動中。

ボディワークを通じ各地のキーマンのパフォーマンスを上げる事で、地域を元気にし日本全体を元気にするのが夢。

趣味は着物と和太鼓と寺社仏閣巡り、美食探索、人間観察がライフワーク。
各地へ出かけ「変」なものを発見や撮影をして楽しんでいる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事