講座・ワークショップについて

講座・ワークショップについて

現在行っている講座・ワークショップはこちらです。
伝授はお休みさせていただいております。

 

逆説!解体新書ワークショップ

身体について、心について、命について学ぶ
全ての人が受けるべき内容がギュッと詰まった体感型ワープショップです。

 

師匠寺嶋より引き継ぎ、開催しております。

 

師匠の講座紹介ご覧ください。

 

【要注意!】
このワークショップで心と体が統合されはじめると、
身体の声が聞こえるようになってきます。

自身に必要なものと必要でないものが
感覚的にわかるようになりますが、

そういったことに興味のない方にはオススメできません。

体(からだ)の語源は、亡くなった人の体、
つまり、魂の抜け殻の「殻」や「空(から)」から
来ていると言われています。

逆に生きている人のからだのことは、
心身魂全体を捉えた「身(み)」と表現します。

ことわざや慣用句をみても、
「身」を使った言葉はたくさんありますが、
「体」を使った言葉はほとんどありません。

古来、人は「身」を「体」や「心」に分けることなく、
人間全体として捉えていることがわかります。

現在、医学は発展し、私たちはその恩恵を受けていますが、医学が発展すればするほど、病名が増えているのも事実です。

現在では10000種類以上の病名が存在すると言われ、
これからも増えていくことが想像されます。

しかし、古来、病気はそんなに多くなかったはずです。
それは「身」を「体」や「心」などに分けて、さらに細分化していった結果、10000種類以上に増えてしまったのです。

昔の日本人は面白い表現をしています。
「名前を付けると、名が病む」
それが「悩み(名病み)」だというのです。

細分化することで、名前がどんどん増えて、
それによって悩みが増えてくるということですね。

悩みを減らすには、細分化をやめること。
つまり、「身」を捉えることです。

このワークショップは、
これまでの「体」や「心」のように、
全体の「身」を部分に分ける視点から
全体の「身」を捉える視点を手に入れ、
もっと楽に心身のメンテナンスができるようになるための
体感型のワークショップです。

 

当たり前にそうしてきたことが
なぜそういう結果をもたらしていたのか

 

変化できない、囚われてしまう理由が何か
仕組みと体感を組み合わせて感じていただきます。

 

内容よりもレポート内の
参加者様の感想を見ていただくと
何が行われているのか受け止めていただけますので
リンク先よりご確認ください。

 

こちらの講座はリクエスト開催です
5名以上で開催します。

 

出張での開催も可能ですのでご相談ください。

 

参加費は場所と人数によって変化します。

 
◆過去のレポ(感想在り)◆