私の隣にいる龍について





スポンサーサイト

みえない世界とあなたを言葉で繋ぐ
京都の巫女的翻訳家 坪内薫です。

 

私が最も聞かれる質問
龍についてどうやったら伝わるのか
結構考えてたんですよね、ずっと。

 

自分のあたりまえを
当たり前じゃない方に伝える
簡単そうで難しいんです

 

そこで最良の方、山部香澄さんに
私の言葉でまとめていただきました。

 

龍が気になっている方
みえない世界や存在がどういうものなのか
気にはなるけど分らないと感じてる方へ

 

龍ってなあに?成長したいアナタに、
見えない世界と共にエールを送ります

みんな気になる龍のこと

私ね、ブログとかメルマガ、Facebook に龍との対話、書いてます。
で、やっぱり一番よく聞かれるのが、龍ってそもそもなんなの?ってこと。
たしかに、フシギよですね。

 
「ほら、これ」って見せれたらいいんだけど、
見えない聞こえない存在だから、そう思うのも無理ないと思ってます。

 

日常感覚にすると

私が聞く龍の声って、たとえるなら「電波」みたいなもの。
今、Wi-fi の電波とかいっぱい飛んでるでしょ。

 
それって目にみえないのにみんな疑わずに受け入れてるよね、
自然に。

 
それで、ほしい情報があった時や必要性を感じたら、
その電波にあった機械を持つ。
その電波に合わせてアンテナとかをチューニングする。

 
テレビのあるチャンネルに合わせたらその番組が見えて、
ネットにつないだら WEB サイトが見れてほしい情報が得られる。

 
その機械を人にたとえると、人間も実は同じようなことやっていて
自分の聞きたい声に合わせてチューニングしてるのよ。

 

誰もが当たり前に
何の疑問を持つことも無く
ごく自然に無意識に…

 

例えば

たとえばね、人生で重大な事件があったとして…
それは、会社でミスして、辞表出さなきゃいけないんじゃないかぐらいの一大事。

 
で、誰に相談しよう?
この人に言ったらなんて言われるかな?ってなったとき。

 
いろんな人の声がアタマをグルグルする経験って
あるんじゃないかな。
別にそこにその人が居るわけじゃないのに。

 
「あんたまた失敗して、どーすんの!」って
母親の叱る声とか。

 
「明日から仕事さがして走らな!」って
焦る自分の心の声かもしれないし。

 
「お前の信じたようにやったんやから、ええやないか」とか、
時には亡くなった人の声かもしれないね。

 
そういう時、
その中のどの声にチューニングするかで、
人生が変わるとしたら…

 

 

 
いろんな人がアタマの中でいろいろ言ってきたとしても、
どれを選ぶかは自分次第。

 
みんな知らず知らずに、
「その時の自分にとって大切な声」
チューニングを合わせてるの、ほんと知らずしらずのうちにね。

 
その時に、信じたい声を選べるかどうか?
これほんとうに大事なの。

 
ほんとうはこの声を信じたい、
でも「そんなわけない」と、理性に押されて、
徐々に、ないことにしてった人もいるかもしれません。

 

 

いつからなのか

で、最初の龍の話に戻して。
私、子供の頃からいろんな音が聞こえてたんです。

 
さっきのたとえで言うと、いろんな「電波」が飛び交ってる状態。
親にそのことを言ったら「そんなこと、気持ち悪いから言ったらアカン!」と言われて外に出すことを封印。

 
大人になったある時、分かりました。
見えないけど、たしかに「ある存在」から
声がしていたってこと。

 

起きた変化

検証を重ね、受信制度と理解を鍛えて感じた声の 1 つに「龍」の声があったんです。
(見えない存在なので、世の中にある何かではたとえられないの)

 
対話しているうちに、その龍という存在が頼もしく、
大好きになっていきました。
この龍は、私が成長することを諦めずに、
信じて見守ってくれることにも気づいたの。

 
失敗もたくさんする私を、諦めずに導いてくれてるし、
ヒーリングなどのスキルも磨か(さ)れてきました(笑)

 
確かに、本当の自分に向き合わされることも多い。
成長痛もたくさんあります。

 
でも、その声にしたがって行動を起こすと、
人生がどんどん展開するし、多くの人に
出会えてスムーズに進み始めてね。

 

私の思い

自分だけじゃなく、
他の人に貢献するってことも考えられるようになりました。
成長には喜びが伴うことを実感できたの。
だから私は、この声と共に歩むって、決めたんです。

 
分からない人には分からなくてもいいと思います。
自分の人生ですら、生きてる真っ最中なのに、最後は信じるしかないんだから。

 
その中でこれが自分の役割だ!と
思ったら、それを信じて進むしかない。
龍の声と対話するようになって、
あらためてそう思うようになったんです。

 

彼とともに、人とみえない世界のために貢献することが、私たちの役割なんだなって。
そうやって真剣になりつつも、笑いも交えながら楽しんで対話してます。

 
そんな私を見て、なんか楽しそうだな、
どんな人だろうって興味を持ってもらえたら、
遠慮せずに関わってみてください。

 
そしていつか会いに来てもらえたら嬉しいです。

 

DSC03648

 

感じる方法

メルマガのご案内

龍と共に過ごしている私の日常をかいている
メールマガジンを受け取ってください

 

会話形式で届くみえない人との会話に
沢山のファンの方がいてくださって
楽しみにしてもらってます♪

 

Dragondayz-banner

ご購読はバナーをクリック

 

これを作ってくれたのも
上の文章をまとめてくださった山部香澄さん作

 

彼女はみえない世界に詳しいわけではないけれど
相手に共振してイメージ化して言葉にできる
とっても中立な立場の人

 

今回もお世話になりました。
かすみん、ありがとう(^-^)

 

スポンサーリンク


宇宙的自分で今を生きる

初回から体感できるトラブルの解放と驚きの変化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇宙系巫女、坪内薫です。みえない世界に関わり悩んでいる人が本来の使命に気付き本質で生きていけるようになるための案内を宇宙と神様に繋がり、カードを使ったメッセージやヒーリングでサポートしています。趣味はドライブ、旅行、パン作りとおしゃべりと妄想。プライベートではB'zとダウンタウンが大好きな主人、7歳の娘と3歳の双子の息子とにぎやかに京都で暮らしています。https://moji-majyo.com/