【メニュー】宇宙ボディーワーク

身体と心と魂を統合し
今のあなたに必要な必然を起こし意図を叶える

 

誰にでも既にある超能力を目覚めさせ
今に自分のすべてを活かせるようになる
宇宙ボディーワークのご案内です

 

宇宙ボディーワークについて

坪内薫のオリジナル施術である宇宙ボディーワークは
寺嶋康浩さんのアンフォールディングボディーワークを土台に構成しています

Unfolding Bodyworkとは、
身体から思考のクセや感情のパターンを解放していくボディワークです。

症状を見ていくのではなく、その根源にある「あり方」にフォーカスしていきます。
目先の症状にばかり注目して、同じ症状を繰り返すのではなく、
「あり方」が変わっていくことで、自然と症状が消えていきます。

(引用元:寺嶋康浩さんのブログ)

 

 

アンフォールディングボディーワークをベースに
サイキックヒーラーとしてのエネルギーワークスキルを合わせ、身体と心と魂に触れていくものです。

 

 

ヒーリングとの違い

ヒーリングでも同じことが可能です。
が、検証を重ねて気づいてしまったんです
体にアプローチすることが最もスムーズだということに。

 

ヒーリングで行うために必要なエネルギーと時間が
直接体にアプローチすることで短縮できたら
とても素晴らしいと思ったと同時に
大きな責任を感じました。

 

ヒーリングでは
意図しないことも必要であれば起こります。
デトックスや悪だしと聞いたことがあるかもしれません。

 

宇宙ボディーワークでは
魂が意図しないことは起こらないの、
タイミングをとても重視していて
負担がとても少ないんです。

 

どちらがいい悪いではなく
どちらからのアプローチもできれば
必要な人にとってより良いものを提供できると思ってます。

 

読んでほしい記事
インナーチャイルドのケアだけでは問題が解決しない理由

 

身体にアプローチする意味があるねん

 

 

治療ではない理由

不都合を開放することは大切だけど
目的がそこだけになってしまってはもったいない

 

その先にある未来までイメージして
たどり着いてもらうことが重要だと思ってます。

 

痛みがなくなればオッケーではなく
痛みのない状態でどんなことをしたいのか
そう考えられるためのプロセスをサポートする感じ

 

取れたら終わりではなくて
行って戻って立ち止まってという状態に
ちょうどいい距離で寄り添っていくから叶ってしまう。

 

あなたは不都合がなくなれば
それだけで十分だなんて思ってないでしょ?

とりあえずの継ぎはぎでいいですか?

 

 

重要なのは「場」

表面的に感じる思いの奥底に眠る
湧き上がる情熱を引き出すために
それを意図して受け止めるために欠かせないのは場です。

 

すべてが場で決まるといっていいほど
最良の場を保持することが欠かせません。

 

それは技術や経験だけでは
カバーできないの

 

それはどんなに上質なもので飾られた空間であっても
あなたが心地よく思わなければくつろげないように

 

あなたに合わせた場を私は提供し
あなたの宇宙とつなげます

 

 

必要なのは「意図」

あなたの決めてない未来は
あなたの不自由を増やします

 

あなたがどうなりたいのか
まずそれを決めてください

 

自分自身でその未来を受け取る許可ができたとき
歯車が動き始めます

 

あくまでも私はその意図をサポートするだけ
意図できたあなたにだけしか未来は導けないのです

あなたが決めていいの!

 

 

大切なのは「信頼」

未来を託す相手に
1ミリでも違和感があってはいけません

 

私とを信頼していただくこと
そして私もあなたを信頼することが大切

 

そのためにセッションに入るまでの時間を
とても大切にしています。

 

 

私から受ける意味を感じてくださる方に
受けていただきたいのです

 

会いたい人だけ来てね

 

ボディーワークよくある質問

 

ボディーワークのご感想

 

私が行う理由

エネルギーワークでできるのに
ボディーワークも行う理由

 

 

両極からのアプローチこそ
最高の結果が出ることが分かったです。

 

そして魂に触れる行為
それはとても繊細

 

私がアクセスする場所は
あなたの魂・心・魂だけでなく
見えないところも含まれます

 

過去にさかのぼることもあり
今のあなたがあるためのすべてに関わる、命に触れる神事

 

見えないところにアクセスできる巫女であり
エネルギーワークのプロだからこそ
多角的に施術が可能だからです。

 

加えて
宇宙に強くつながりを持つ私
担当の宇宙人がおります

 

その宇宙人エドワードとともに
セッションを行うことで
未知の変化が起きるのよ

 

 

 

私の思い

一人一人が最良の未来を生きていくための
今に気づき受け入れていくサポートがしたい
これは私のすべてのメニューに共通する思いです

 

十分に痛みや苦痛を味わってきたかたに
これ以上のリスクを増やしたくないという思いもあります。

 

そこで出会ったアンフォールディングボディーワークは
私の今までの行き詰まりをすべて取り払ってくれました!

 

 

対処療法ではなく
根源からのアプローチを
丁寧に行いたい思いが強くなり
対面での施術を始めることにしました。

 

会う以上の安心ってないと思うのね
これこそが私の求めていたスタイルです。

 

学んだことを土台に
私にしかできないセッションへと進化させました

 

宇宙人とともに魂の奥深くまで宇宙語を使ってアプローチします
思考・体・魂の統合がよりスムーズにスピーディーに起きる瞬間を体感しませんか?

 

怪しいことしかできひんねん

 

 

宇宙ボディーワーク詳細

 

時間:

90~120分

施術前後のカウンセリング時間込

 

 

料金:

120分  25,000円(税込)

※アンフォールディングボディーワーク後に宇宙語による音声セッションがあります

宇宙による、身体のより深層部(魂)にアプローチし調整するオペです

 

お支払いは当日現金、または事前にペイパル決済のみ(手数料として2000円加算されます)

 

場所:

京都市営地下鉄北山駅 徒歩約10分

◇駐車場が1台分有◇

※詳細はお申込者様に予約確定後、ご連絡いたします

 

 

お読みください

  • 日中のみの受付となります
  • 施術は着衣の上から行います
  • お申し込み後から動き始めますので、キャンセルは承ることができません。日程変更をご相談ください
  • キャンセルされる場合はセッション代を全額いただきます
  • お支払いは当日現金でお釣りのないようにご持参ください
  • 望まれる結果と異なる場合でもクレーム・ご返金の対応は致しかねます
  • セッション後から変化の旅が始まりますので、セッションはきっかけです
  • 坪内薫を試してやろうという気持ちは、おうちにおいて来てください
  • セッションに対しての違和感や不信感がある場合はお申し込みをご遠慮ください
  • 疑問点はお申し込み前にお問い合わせください

 

ご予約・問い合わせはこちら

 

 

 

お問い合わせやリクエストは
こちらからお願いします。

 

あなたにお会いできるのを
楽しみにしてますね~(*'▽')

 

これを書いてる人
userimg
宇宙系ボディーセラピスト・坪内薫
心と身体をつなげてパフォーマンスアップをサポートする専門家
アンフォールディング ボディワーカー/1975年7月京都生まれ、京都在住

独身時代はスピリチュアルとは関係のない会社員をしていたが、出産を機に興味のあった占いやヒーリングサービスの世界へ、2012年より多くの女性へお悩み解決のお手伝いをしてきた。近年は心と身体をつなげパフォーマンスをアップを主軸とするボーディータッチサポートに特化し、各地へ遠征しパフォーマンスアップのお手伝いをしている。

実は、占いやヒーリングを提供していた時に悩んでいました。相談者様の気持ちに寄り添いアドバイスをしても、占いの好転反応が出ることがあった。 本当に良いものなら好転反応も無ければ良いのに・・・。 そんな疑問を持って活動していたのですが、そんな時に寺嶋康弘先生のUnfolding Bodywork(アンフォールディングボディワーク)に出会い。 心と身体は繋がっているんだ!!と再確認。師事を仰ぎボディワーカーとなる。

今までの占いやヒーリングは、どうしても心(気持ち)のサポートが中心になってくる。 心だけ・身体だけの対応はどこかでズレが生じてしまう、しかし、このボディワークでは心と身体の声を聞き、両方のバランスを取ることでパフォーマンスのアップを実現している。

現在は経営者向けのボディワークに力を入れている。会社TOPのパフォーマンスが上がる事で、会社全体が好転する事が実証済み。 こちらからの信頼と尊重が、さらなるパフォーマンスアップに結びついている。京都でのサロンワークの他に、全国各地への出張も活発に活動中。

ボディワークを通じ各地のキーマンのパフォーマンスを上げる事で、地域を元気にし日本全体を元気にするのが夢。

趣味は着物と和太鼓と寺社仏閣巡り、美食探索、人間観察がライフワーク。
各地へ出かけ「変」なものを発見や撮影をして楽しんでいる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事