これを書いてる人
userimg
百色の龍導師・坪内薫
施術の時には浄化龍、執筆の時には文豪龍、料理の時には美食龍などと、天空を漂う数々のドラゴンたちを自分の用途に合わせて召喚できる京都は嵐山の龍使い。もちろん自分だけでなく依頼があった時には自らの顧客にも龍を降ろすが、彼氏ができない人に相愛龍をつけたりはせず、むしろ真逆の戦闘龍をつけるなど別の方向に救いを見出しては、こっそりとそれを楽しむ天邪鬼。色々な意味でオイシイ状況を好むため、反対の「スベる」意味を持つバナナが嫌い。間違えてバナナマフィンを食べてしまうとどんな人でもスベり散らかす潤滑龍しか呼べなくなってしまうので要注意。

旦那さんと3人の子供たち、そして関ジャニ∞の大倉君とB'zがパッションの源。

どーもどーも、宇宙系巫女みこの坪内薫です。

 

カードの人なんですけど
ボディーワークもやってまして
これどうよ的な部分をまとめました

 

ほんとに解決したい気持ちがあるなら
こんな先生はやめときましょう

 

ということで
その場しのぎの解決ってなんやってとこからゴー!

 

 

その場しのぎの解決とは?

根本的な原因を解決できていないということ

 

受けた後はなんかいい感じやねん
すっきり!やったー!みたいな

 

 

でも、しばらくすると
なんかまた不調が出てきて
あー、そろそろかなみたいな気になっていく

 

で、いつしか施術後のスッキリはどこへやら
重く苦しくしんどくなって

 

 

そのころを見越して予約日みたいなね

 

えー、一言でいうたら

 

受けてもいつかは元通り

 

と、まにあわせの施術しかできないことでございますよ

 

いつ終わるねんろ

 

 

あかんボディーワーカーの特徴

話を分断する

伝えたいからわかって欲しいからたくさん話したいのに
話の途中で要約されたことありませんか?

 

「あー、それはこういうことなんで、こうしましょ」って言われて
違ってはないけどもやっとしたことないですか?

 

違ってはないけどさ、、なんか、、ちょっと

 

それの何があかんって
手持ちのパターンにあなたを当てはめて判断しちゃってるってことじゃない?

 

まだその話の先に何があるかもわからないのに決められて
なんか距離感開きません?

 

ちょっと遠巻きの状態で
いい結果なんてありえません

 

こっちこんといて

 

目が合わない

カルテ見ながら、作業しながら話を聞いてる先生いませんか?
こっちをみて観察されてるんだけど目は合わないみたいなことないですか?

 

あのー、きいてますか?

 

ずっと見つめあう先生もどうかと思うけど(照れるしなw)
見てんのか見てへんのかわからん先生もどうでしょうね?

 

向き合ってもらえないって
人として身をゆだねようと思えないでしょ

 

先生ですけど
治してくれる人ですけど
そんなん我慢する必要あるんかな?

 

ちゃんとこっちみろやー

 

頼んでないことをする

「ついでにここも〇〇しときましたから」

みたいに、勝手に何かされたことないですか?

 

ちょっとまって、え、なに、しらんし

 

一見、ありがたいかもしれんけど
ほんまに先生の判断は合ってたんやろか?

 

体って勝手に何かされるとびっくりするの
それって緊張としてまた残ってしまうわけ

 

問題を解消しに行ってるのに
問題の種を植えてきてどーする!?

 

勝手にやんなやー!

 

 

失敗しないボディーワーカーとは?

難しそうやけど、めっちゃシンプル
ほんま1個だけ

 

あなたを尊重してくれる人

 

これだけ、これしかないし
これ以上もこれ以下も無い

 

わたしを大事にしてね♪

 

↓これもよかったら読んでみて↓
施術・占い選びでテクニックよりも大事なこと

 

ボディーワークに対する私の考え方

触れずに何かをするというヒーリングというテクニックもありながら
あえて体にアプローチするのかということを書いたこちらをみてくださいませ

体へのアプローチが変化を早くする理由

インナーチャイルドのケアだけでは問題が解決しない理由

私がボディーワークをする理由

 

やってくれる人が偉いとかすごいとか
そんなんどーでもいいねん

 

知識やテクニック・経験は大事やけど
えらいとかすごいとかいらへんねん

 

ほんとに問題をクリアにしたいなら
自分の身体に向き合えるサポートをしてくれる人を探してくださいね

 

グーグル先生、頼むで

 

あ、ちなみに私がやってるボディーワークは
こちらです♡(宣伝w)

宇宙ボディーワーク

 

ほなー

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事