これを書いてる人
userimg
百色の龍導師・坪内薫
施術の時には浄化龍、執筆の時には文豪龍、料理の時には美食龍などと、天空を漂う数々のドラゴンたちを自分の用途に合わせて召喚できる京都は嵐山の龍使い。もちろん自分だけでなく依頼があった時には自らの顧客にも龍を降ろすが、彼氏ができない人に相愛龍をつけたりはせず、むしろ真逆の戦闘龍をつけるなど別の方向に救いを見出しては、こっそりとそれを楽しむ天邪鬼。色々な意味でオイシイ状況を好むため、反対の「スベる」意味を持つバナナが嫌い。間違えてバナナマフィンを食べてしまうとどんな人でもスベり散らかす潤滑龍しか呼べなくなってしまうので要注意。

旦那さんと3人の子供たち、そして関ジャニ∞の大倉君とB'zがパッションの源。

こんにちは、宇宙系巫女みこの坪内薫です。

 

骨の歪みを取れば問題解決するとは言えないという記事を前に書き
問題解決のために知っておくことを先日書きました

 

この記事はその続編、きっと完結
具体的な方法の提案です

 

この記事から見てる方は
前の記事も目を通してみてね~

 

前々回の記事
骨の歪みを真っ直ぐにすれば改善するのか問題

 

前回の記事
問題解決のために知っておくこととは?

 

どれどれ

 

 

身体はあなたの在り方そのもの

 

過去にできた種にアプローチするのではなく
今出てきている身体の声にこたえるといい

 

ここまで前回の内容

 

あなたの身体はあなたの在り方そのもの

 

つまり

 

歪みも痛みも不調も
すべてあなたの在り方である

 

わたしのせいなの!?

 

 

もっかい言います

 

身体と向き合うこととは
自分を受け入れていくこと

 

なんか頭難しいことになってるでしょ?

 

プスプス

 

 

いったんシンプルに
まとめます

 

自分の在り方と向き合うとは

すべてを引き受ける覚悟をする

 

ということです

 

 

 

その中には悩みがあったり痛みがあったり
不都合を抱えている身体を持った私をいい悪いで判断せずに

 

ただ受け入れること

 

受け入れるも何も、どないせーっちゅうねん

 

 

問題の種にアプローチではなく
今ここにある身体に向き合う

 

結果今の自分に向き合うことになる
それはあなたの在り方との対面

 

どんなおまえもすきやで

 

身体とは今の象徴であり
あなたの見えない部分を含むすべてということなのね

 

ということで
フォーカスするべきなのは
あなたの問題の根源ではなく
今ここにある身体ということが納得できましたか?

 

なるほどね

 

ということで
自分の在り方と向き合う
一番手っ取り早い方法とは
あなたの今の身体を受け入れること

 

あなたのデリケートな部分も含めて
関わっていかないといけないから
誰のどんなアプローチを取り入れるのかは
とっても丁寧な吟味が必要

 

 

そのへんを
まるっとクリアしていて一番いいと思うのが

 

身体が自分で調整して変わっていく
宇宙ボディーワークなの

 

おまたせしました、まとめですよ

 

問題の根源を取り去れば
歪んだ骨を真っ直ぐにすれば
それだけでいいのかってことではなくて

 

今、そうあることに理由があることを受け入れて
どうなりたいかを意図することで変わっていくの

 

問題の原因にも
それを保持してきた身体にも
いいも悪いもあらへんの

 

ただ、あなたが今の環境で生きていけるように
ただただ必死に頑張っているだけなんだから

 

だから今の環境を変えるなら
身体を変えることがファーストステップ♪

 

スキップステップ、るんるんるん

 

 

身体が変われば意識が変わり
意識が変われば考え方が変わり
考え方が変わると目の前の現実が変わっていくの

 

 

 

3回に分けて
長々と引っ張りましたが
問題に責任を押し付けてるうちは
とっても切ってもどけても直しても
また戻ってきます、あなたのとこに

 

本当に大切なことは
あなたの身体の尊さに気づくこと

 

変わりたい、変えたい
そう思いながらうまくいかないと感じてるなら

 

宇宙ボディーワーク
是非受けてみてくださいね

 

あなたの身体の思い込みと癖を開放し
あなたの意図を叶えます

 

 

もっかい読み直したい
そう思ったらこの記事から見てね

 

前々回の記事
骨の歪みを真っ直ぐにすれば改善するのか問題

 

前回の記事
問題解決のために知っておくこととは?

 

見えない世界に深くかかわって
エネルギーワークをしてきたからこそできる
ボディーワークがあるのよ

 

あなたのどこかに響くと嬉しいです
ありがとうございました

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事