これを書いてる人
userimg
身体と心を調整するボディーセラピスト 坪内薫
ボディーセラピストであり宇宙系巫女。受けることで人間力と個人パフォーマンスが上がり成りたいをを叶えるサポートを京都市内にある異空間サロンでセッションを行っています。子供のころから霊能者として不思議を当たり前に生き、みえない世界と人のパイプ役、宇宙系巫女として活動。2018年、ずっと疑問に思っていたみえないアプローチに対する疑問の答えを、身体の中の宇宙に発見しボディーワーカーとして活動開始。関ジャニ∞の大倉君が大好きな愛され妻、娘と双子男子と共に京都で面白く生きてます。

はーい、どうも
宇宙系巫女のカオルーです

 

「敏感体質」という人がとても目立ってますが
「鈍感体質」って人がいるのを知ってますか?

 

鈍感体質ってどういうものなのか
責められがちなこの体質をどう活かしていくのかをまとめました

 

まずは言葉のお勉強
敏感体質鈍感体質についてからスタート♪

 

敏感体質とは?

既に知ってる方、私がそうです!って方も多いと思うけど
あえてまとめてみると…

 

アンテナの感度がめっちゃ良すぎて
いろんなことが分かりすぎてしまうために
時に苦しく感じたり、生きることを辛く感じてしまうことがある人のこと

 

 

普通にしてるだけでしんどいねん

 

 

なんとかタイプとか診断とかいろいろあるんやけど
結局なんなんやって、これやねん

 

超高性能アンテナすぎて
どうにもこうにもいろんなことに敏感になってしまうほど
情報を受け取ってしまうのよね、どんなシーンでも

 

受け取りすぎて処理が追い付かなかったり
周りとのギャップに苦しんだり
いろいろあるわけです

 

こんな本があるくらい

鈍感体質とは?

ほな、鈍感体質ってどんなんやねんって気になるよね~

 

聞きなれない人もいるとは思うけど
鈍感力って言葉なら聞いたことある人いるかも、本も出てるしね

 

こんなんとか

こんなん

 

 

鈍感体質とは

アンテナの感度が穏やかなので
通常受け取るべき情報を拾えないために
周りのことが理解できなかったり空気が読めなかったり
トラブルがあっても復帰が早かったりする人のこと

 

 

なんかありましたか?とりあえずお腹が空いたので休憩してます

 

 

マイペースとは違うねんけど
気付いてない気づかないってことが素で起こるのね

 

いわれたとしても受信できてないから
きょとんとしたり、理解不能だったり…

 

理解力がないんじゃなくて
キャッチできないから判別できない、そんな感じ

 

 

敏感体質と鈍感体質の違いは
ざーっくりわかってもらえたかしら

 

 

鈍感体質の特徴

ほな、具体的にどんな特徴があるのかダダダっとあげてみよー

 

  • 空気を読めないといわれる
  • 怒られても凹まない
  • 場所や相手によって自分を変えずに貫ける
  • 周りからの影響を受けにくい
  • 自分が安全であることを知っている
  • ストレスをためにくい
  • 自分の考えを伝えられる
  • いつもポジティブ
  • 立ち直りが早い
  • 受け流しスキルが高い
  • 他人の評価が気にならない
  • 自分に必要な情報を取り入れられる
  • 頭が混乱することがない
  • 無駄が少ない
  • 効率的に動ける
  • 悩む時間が短い
  • 目標があると立ち止まらずに進める
  • 変化を恐れない

 

などなど…

 

まだまだあると思う
そしてなんでこんだけ出てくるかって
私が逆の敏感チームだから

 

敏感チームにありがちの逆を考えると
どんどん出てくるね(笑)

 

だいたいどんな人なのか
具体的にイメージできたとおもふ~

 

なにかありましたか?まぁ、とりあえずお茶でも飲みましょう♪

 

 

 

デメリット

メリットは特徴そのままなので置いといて
デメリットと鈍感体質の方の声を()の中で書いてみた

 

  • 理解できないことを責められる(よくあるけど凹まない)
  • 鈍いことが悪だとレッテルを張られる(でも気にしない)
  • ひいきをされにくい(あんま気づいてない)
  • 懲りてないと過度に怒られる(ダメージはミリ単位)
  • 話題のネタとしてターゲットにされやすい(ってか、どうでもいい)
  • 大人として劣っていると評価されやすい(で、だから?)

 

って感じかな

 

 

とにかくマイナス評価をされることが多い!

 

 

なのにめっちゃタフ!

 

えー、なんかありましたー?

 

 

すごいわー、強いわー、強すぎるわーー

 

 

鈍感体質の活かし方

比べられてしまうことが多い鈍感体質の人だけど
負けないタフさと強さを備えてる

 

それをもっと日々活かしていくために
どうしたらいいのかというと

 

 

自分にできることは

みんなできるわけじゃないということを知る

 

 

全くダメージを受けなくても
ずばずば言いたいことが言えちゃったとしても

 

自分に共感してくれない人たちを
わけわからんねん、ぷっぷくぷ~~

 

 

ってするじゃなくて
そういう風に感じる人もいるんだなと真っ直ぐ受け止めてね

 

 

わからんから、理解できひんからどーでもいいってのは
ちょっと大人としてよろしくない

 

 

それはあかんわな

 

 

自分と同じような人も全く違うタイプの人も
興味を持ってくれる人もいるし嫌だと感じる人もいるって思うと

 

相手を尊重できる

 

人って理解されたいものって思いがちだけど
ほんとはそうじゃない

 

自分のことを大切にしてほしい
尊重してほしいってのが本心

 

その先にあるのが共感してほしいだとか
共鳴して広がってほしいとかなん

 

だからこの世でうまいことやっていくためには
相手を思いやり寄り添う気持ちを持つってことね

 

わからんもんはわからん
それはしゃーない

 

でもそこで終わったら
人間関係もそれ以上進まんよ~

 

敏感体質の人に知っておいてほしいこと

なに考えとるねん… イライライラ

 

 

何なん!あの人!!

 

って思いがちやけど、ちょっと待ってほしいん

 

 

もうね、諦めて
もちろんいい意味で

 

だって、あなたが敏感体質であるように
鈍感体質の人も仕様やねん

 

なりたくてなったわけでも
相したくて意図的にそうしてるわけでもなくて
そういう風に生きるパターンを持ってしまってるねん

 

好きでやってんちゃうねん

 

 

鈍感体質の人と違って敏感体質の人は繊細やし
ダメージを受けやすくいろいろ頭で考えこんじゃうから
自分のほうがつらいって感じてしまうと思うねんけど

 

しゃーないねん

 

ほんま、しゃーないねん

 

 

だから周りにいる鈍感体質の人とは
どの距離感でいるのが一番安全なのか検証して位置取りして

 

それが平和に日々を送るコツやから

 

ほんまね、お互い様
どっちもどっちってことですわ

 

 

まとめ

わからんより分かるほうがいい
みえへんより見えたほうがいい
きこえんより聞こえたほうがいい
鈍感より敏感のほうがいい

 

みたいな風潮が世の中にはあって
どうしても上下で差をつけようとしてしまう

 

でもそういう人がいるってことを
そういうシステムを持ってしまってるんだってことを
お互いが受け止めて尊重することで、もっといい世の中になると思うねん

 

できんことができるほうがいいと思われがちやけど
それに対しての責任とかいろいろついて回ってくるから
実はちっとも楽じゃない

 

鈍感力が注目を浴び
身に着けるための方法とかあるけども
根本的解決にはならないよね

 

辛いから、うまくいかないから逆の方向へ行けばいいんかではなく
よりおかれている現状を受け止めて地道に対処していく
それしか流れを変える方法ってない

 

どっちにせよ共通して言えるのは

 

諦めからはなんも始まらへん!

 

〇〇だから…ってことを言い訳にせず
自分が望む方向へ行くためへの行動を続けていったら行けてしまうねん

 

 

互いが相手を尊重できる社会に
していきたいなと思ってまふ

 

 

私は私にしかなれへんの
自分を信じるんやでヽ(^o^)丿

 

 

いろいろあってええやんな

 

 

信じて行動した未来は絶対明るいからね~

 

 

 

とはいえ、すでにできてしまったガッチガチの思い込みや癖や習慣について
今の自分に不要になってしまったものを手放したかったらこれを受けてくださいませ

 

 

ほな、またー

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事