幼少期の子育てで大事なこと





スポンサーサイト

みえない世界とあなたのパイプライン
京都の巫女的翻訳家 つぼうちかおるです。

 

のびのび自由に好き放題やっていますが
3人の子供が居るのです

 

6歳女児と3歳双子男児

 

大変って思うでしょ?
それがほぼ大変じゃなくてね
いつも周りに驚かれるんです
私の子育ての中から学んだ
幼少期に最も大事だと思ったこと

 

双子を連れてるだけで
注目の的です(笑)

 

かわいいね~~~

双子さんかな?

大変やろうねー

お母さん頑張らはったねー

いっぺんに二人って得やねー

 

何度言われたかわからないセリフNo.5(笑)

 

後ろから娘が来ると…

 

もう一人いはんの!?

いやー、3人って!

お父さん稼がなあかんねー

お母さん倒れられへんね

 

なんてこともしょっちゅう(笑)

 

 

知らないって人の心を踏み散らかすね~
(ーー;)

 

しょっちゅう傷ついて泣いてた
何がわかるねって
息子たちが赤ちゃんの時は
双子ベビーカーに乗せてるだけで目立つから
見世物にしてるんじゃないかって悩んだよ

 

大変じゃないのに大変だと言われ
そう感じてない自分を責めた

 

これって変でしょ?
子育ては大変じゃないといけないなんてルール
無いのにさ

 

言われた後に
ほっといてよ!!!
って何度心で叫んだことかわからない

 

でも、おかしなことに
子供達の成長と共に周りの人から

 

どうしてそんなにたのしそうなの?

なんでそんなに時間があるの?

どうしたらやりたいことができるの?

悩みってないの?

 

って聞かれるように
特にずっとなにも変えてない私はびっくり(笑)

 

っていうか
みんなそんなに苦しんで悩んでるの?って
疑問がいっぱい出てきてしまったのよ

 

そりゃね、
喧嘩もするし嫌なこともあるし
毎日アハハと笑ってるわけじゃないけど

 

子供とのやり取りや子育てで
悩みってないのよねぇ

 

あ、お金のことは別ね
でもそれも悩みではないかも

 

幼少期の子育てで大切なことは

『お母さん』になろうとしないことです!

 

 

実際私がどうしているのか
私の子育てや子供とのかかわり方を
『お母さん』という呪文から解き放つ
そんなお話会を3月にやります

 

妊娠が判明し子供を産んだ瞬間から
お母さんという縛りに苦しむのよ

 

心が軽くゆるくなり
あなたの笑顔とご機嫌が増すことで
子供も家族もとてもいい状態が維持できるんです

 

日程は今調整中
ZOOMというスカイプのような
オンラインシステムを使ってやりますので
全国どこからでも結構な人数大丈夫♪

 

詳細決まりましたらお知らせしまーす

 

娘の運動会、長男のおでこと(笑)

 

あなたの名前はお母さんじゃない(仮)

開催日時:3月中旬から下旬

時間:60分

参加費:2,000円程度

場所:ご自宅(オンラインシステムZOOM)

 

お問い合わせはこちらから

スポンサーリンク


宇宙的自分で今を生きる

初回から体感できるトラブルの解放と驚きの変化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇宙系巫女、坪内薫です。みえない世界に関わり悩んでいる人が本来の使命に気付き本質で生きていけるようになるための案内を宇宙と神様に繋がり、カードを使ったメッセージやヒーリングでサポートしています。趣味はドライブ、旅行、パン作りとおしゃべりと妄想。プライベートではB'zとダウンタウンが大好きな主人、7歳の娘と3歳の双子の息子とにぎやかに京都で暮らしています。https://moji-majyo.com/