これを書いてる人
userimg
百色の龍導師・坪内薫
施術の時には浄化龍、執筆の時には文豪龍、料理の時には美食龍などと、天空を漂う数々のドラゴンたちを自分の用途に合わせて召喚できる京都は嵐山の龍使い。もちろん自分だけでなく依頼があった時には自らの顧客にも龍を降ろすが、彼氏ができない人に相愛龍をつけたりはせず、むしろ真逆の戦闘龍をつけるなど別の方向に救いを見出しては、こっそりとそれを楽しむ天邪鬼。色々な意味でオイシイ状況を好むため、反対の「スベる」意味を持つバナナが嫌い。間違えてバナナマフィンを食べてしまうとどんな人でもスベり散らかす潤滑龍しか呼べなくなってしまうので要注意。

旦那さんと3人の子供たち、そして関ジャニ∞の大倉君とB'zがパッションの源。

はい、はーい 坪内薫です。

なーにをそんなに

なーんでいつくつも

ずーっと探してるん?


守りたいものが欲しいの?

守ってもらえるものが欲しいの?

それって、いつがゴールなん?

いつ、終わりが来るの?

いつ、やめられるの?
ってか、無いことにしてるの
あなた自身だよね?

もうさー、あるやん大事なもの。
あるのに見えない見えないって
ホント趣味かプレイちゃうんかな。

見えてるのに、あるのに
まだまだもっと、そんなんじゃないって
一体あなたは自分の何様でございましょ。

自分一人を大切にできないで、自分で自分を守れないで
外に求めてちょーだいちょーだいって
なんかおかしくね?

ほんとはうっすら気付いてるでしょー?

え、私だけは違うって?

あなた一体何者さまのでしょーか!?
なになに、人に手を合わせてもらいたいタイプ?
それとも土下座させたいの?
人の上に立つことが
そんなに偉いもんなんかね。

自分を受け入れる事も出来ないのにさ。

ちょっとコンタクト、あらって来たら―?

なんかそのレンズには
黒い世界が描かれてるのかもよ?

も~っとまんまになればいーのに。

そしたらもーっと楽しいよー。

buddha-1128428_640

 

自分の中のほんとに着地
フリーフォールセッション

最後まで読んでくれて、ありがとう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事