これを書いてる人
userimg
百色の龍導師・坪内薫
施術の時には浄化龍、執筆の時には文豪龍、料理の時には美食龍などと、天空を漂う数々のドラゴンたちを自分の用途に合わせて召喚できる京都は嵐山の龍使い。もちろん自分だけでなく依頼があった時には自らの顧客にも龍を降ろすが、彼氏ができない人に相愛龍をつけたりはせず、むしろ真逆の戦闘龍をつけるなど別の方向に救いを見出しては、こっそりとそれを楽しむ天邪鬼。色々な意味でオイシイ状況を好むため、反対の「スベる」意味を持つバナナが嫌い。間違えてバナナマフィンを食べてしまうとどんな人でもスベり散らかす潤滑龍しか呼べなくなってしまうので要注意。

旦那さんと3人の子供たち、そして関ジャニ∞の大倉君とB'zがパッションの源。

はーい、どうも
宇宙系巫女のつぼうち薫です

 

2018/9/16 わたし的よき日に
わたし的よき方角に合った鳥取県鳥取市にある
宇倍神社へお礼参りと神社ツアーへ行ってきました

 

人徳と功績をたたえられた人神様の祀られる神社は
今を生きる私たちにとても優しかったという話

 

宇倍(うべ)神社とは

先ずは知るところからスタート

 

お金の神社って言われる理由

由緒 お金にご縁の神様

宇倍神社は、孝徳天皇大化4年(648)の創建と伝えられ、平安時代にまとめられた延喜式(※1)では鳥取県で唯一の名神大社(※2)、また一の宮として信仰を集め、明治4年に定められた制度により国幣中社(※3)に列せられました。現在の社殿は、明治31年に完成しましたが、翌32年には全国の神社では初めて、御祭神である武内宿禰命(たけのうちのすくねのみこと)の御尊像と共に五円紙幣に載せられ、以後大正・昭和と数回当社が五円・一円紙幣の図柄となりました。

お金に御縁があり、商売繁昌の神様として全国からの参詣が絶えません。

 

※1:延喜式(えんぎしき):平安時代中期にまとめられた格式(律令の施行細則)。中でも巻九・十は延喜式神明帳(えんぎしき じんみょうちょう)といい、当時「官社」に指定された神社の一覧が纏められた。

※2:名神大社(みょうじんたいしゃ):延喜式神明帳に記載のされた神社の中でも重要とされ、特別の社格が与えられた神社。

※3:国幣中社(こくへいちゅうしゃ):明治維新以降に定められた制度により、官幣社や国幣社といわれる神社の格付けがなされた。国幣社はそれぞれ大・中・小の格が与えられた。現在では用いられておらず、旧社格と言われ目安として用いられている。

(公式サイトより)

 

主祭神は?

大臣の祖

武内宿禰命(たけのうちのすくねのみこと)は第十二代景行天皇より、成務・仲哀・応神・仁徳天皇の5朝にお仕えされ、まことをつくして天皇の信任篤く、わが身を投げうって東奔西走、日本の統一に尽力されました。
わが国で最初に「大臣」の称を賜わり、日本の国造りに功績のあった神さまです。

子供の神

命(みこと)はまた、進んだ大陸文化を導入されて、古代大和朝廷の最盛期を築き上げられました。特に仲哀天皇・神功皇后を補佐して北九州に出陣されご活躍になったことは有名で、ご幼少の応神天皇(八幡さま)を抱き奉る姿は5月端午の節句に掲げる幟(のぼり)の絵柄となっております。

長寿の神

命(みこと)は仁徳天皇55年春3月因幡国の亀金岡(かめがねのおか)に双履を遺し、360余歳でお隠れになったと記されています。
古くから宇倍神社本殿の後にその霊跡と伝わる石があり、双履石(そうりせき)と呼ばれています。
ここは日本一長寿の神さま御昇天の地です。

(公式サイトより)

 

 

お人だった方が祀られているこの神社
もともと神様だった方が祀られている神社と
雰囲気がちょっと違う気がする

 

 

難しい話はここまで
次はさっくり場所の説明だよー

 

場所

鳥取市駅から車で15分弱の住宅地の中にあります

〒680-0151 鳥取県鳥取市国府町宮下651

さー、おまたせ!
レポ行っちゃうよー

 

宇倍神社ツアーレポ

京都―鳥取

京都から鳥取は高速バスで三時間半

朝8時半のバスでゴー!

 

今回のバスは3列だったので
隣の人が離れてる

 

めっちゃ楽、そして快適♪

 

 

寝たり、寝たり、寝たり、仕事しながら鳥取市内に入って
日本で最後にできたスターバックスコーヒーの前を通過して興奮!

 

テレビで見た!!! 一人で盛り上がり
共有する人がいないので冷める(笑)

 

 

鳥取県は合宿で免許をとりに来たので
ちょっとうれしい場所だったりするのです

 

どーでもいい話やけど
倉吉自動車学校にいきまして
コナンだらけの町で若者たちではしゃぎまわっておりました
(あー、なつかしや)

 

 

鳥取駅ー宇倍神社

駅でツアーに参加してくださる方と待ち合わせし
お茶をしてから車で神社でもう一人の方と合流

 

地区の運動会が開催されていたため
駐車場がいっぱいという事態もなんとかのりきり
中に入っていくことになりました~

 

 

鳥居の手前遠くでずいぶん雰囲気が違うの
この画像で伝わるかな

 

 

2個めの鳥居
奥に進むほど空気が変わっていくのです

 

 

 

階段を上っていくと垂れ幕?が
この時は意味が分からなかったけど後に判明

 

 

 

本殿前 ででん!(笑かす気はない、出てきた音なのだw)

 

 

とてもすっきりとした
どしんと構える本殿を包む空気と
その周りを動いている心地よい動きが爽やか

 

社務所も立派
左側に何か気になるものが!

 

 

 

ごっつい鯉がたくさん!
橋の向こうには井戸が

 

命をつなぐ橋なのかな~

 

 

なんかそんな気がしました

 

 

 

きっといろいろ書いてある
みえないから↑で説明したとこ読んどいて(笑)

 

 

手水舎の水は美人水らしいとのことなので
作ッと京都駅で買った2Lのペットボトルを満タンにしたかったのに
水量が優しすぎてなかなかたまらない

 

代理参拝のなんかやってる間に
うちらでやっときますよーといわれて素直に甘える

 

本殿前で各々手を合わせ、
わたしは代理参拝の手を合わせ
終わったころに水がいっぱいになっていたというミラクル

 

そして団体さんがやってきて
宇倍神社はえらいこっちゃに

 

私は神音感謝の御祈祷をお願いしたかったので
団体さんの説明を神職さんが終わるまで待ち
社殿に上がらせていただきました

 

祈祷していただいて感じたこと

とてもみずみずしく、そして張りがあり
見た目よりもうんと広がる場がとても心地よく
神職さんの行い一つ一つが美しくて見入っておりました

 

今まで様々な神社で御祈祷をしていただきましたが
最長じゃないかという程たっぷりの祝詞を奏上していただきまして
何度「坪内」と言うていただいたかわからないほど

 

感謝が体のどこから湧き出るのか体感できるほど
うちが思いがあふれ出します

 

玉串を納めさせていただき
手を合わせ感謝を伝え祈祷は終了

 

 

そのあとに神職さんが
宇倍神社について教えてくださいました。

 

そして私にこうおっしゃるんです

 

「最近は神様にお礼を伝えられるということが減ってしまって。

 このようにはるばる京都からお越しいただけて神様も喜ばれているでしょう。」

 

 

少し胸がチクチクしました
私は来てるから!とかそういうのではなく
みな同じ人として、お願いばかりしてしまってる現状を
その場で神様にお詫びしました。

 

そうせざるを得ないほど
私は悲しかったんだと思います。

 

お願いとお礼はセットですよぉぉぉ

 

祈祷に参列していただいた参加者の方へお守りをくださった神職様
なんかもう神っぽさが出てる方でした…

 

本殿のそばにあるこれ

 

 

撫でたら願い事がかなうらしい
もちろんやりましたよ!

 

質問は内緒ですけどね('_')

 

 

撫でまわすお二人様
この姿はかわいかったなー

 

メッセージを伝えて終わり

本殿の左側から上に上がる階段があり

 

 

武内宿禰命(たけのうちのすくねのみこと)様があちらに行かれる
最後の場所と言われている霊石があります

 

 

この場所パワースポットって有名らしく
(私は全くそういうの気にしてない)

 

上とも下ともつながっている空間のように感じました

 

そこで下すメッセージは
とてもクリアで丁寧な言葉でつづられていました

 

厳しいことと私の解説も入っていたのだけれど
もりもり降りてくるので代理参拝の方の何倍もボリュームはありましたね

 

ただ、、、
大量に蚊がいてゆっくりできなかったのが残念(苦笑)

 

 

囲いの中が異質なのがお分かりいただけるだろうか…
そして見えないものがわやわやと

 

あ、わかんなくていいですよ
ただの独り言なので♪

 

犬の垂れ幕のあった階段を下って
鳥居前で解散となりました

 

1人続編

駅まで車で送っていただき
バスの到着時間まで日帰り温泉に行ってました

 

ゆーっくりお風呂につかり
バスの疲れをほぐしながら帰りに備え準備

 

これのおかげか
帰りのバスあんま疲れなかった!

 

長距離バスの後の温泉いいですよー

 

まとめ

お金というものに対して
改めて考える機会をいただきました

 

欲しい、ください、ちょーだいではなくて
頑張るのでどっち方面行ったらいいですか?なんだなと

 

欲しいというのは
それに応じた働きを誓うということ
神様との約束を申し出たということ

 

自分から言うたことを守らなかったりすると
上手くいかなくて当然やん

 

神様は見てる
ただ見てる、すべての動きを

 

ただ、ちょっとヒントをくれたり
サポートしてくれたりするだけなので
お願いしたら終わりではないということよね

 

 

宮司さんがおっしゃっていた言葉が
とても胸に刺さりまして

 

(地球人として)お願いしてばっかりでごめんなさいと
神様に頭を下げました。

 

自分のことではなくても
ひいてみればみんな同じだからね

 

 

天神さんも菅原道真公が祀られてるので
人神様なんだけど

 

優劣ではなく
武内宿禰命(たけのうちのすくねのみこと)さまは
とーっても分厚かった色んな意味で

 

 

お金があったらどうにかなるではなくて
お金は自分で生み出せるものだと思えたら
きっとうまくいくんだろうなというイメージが下りてきました

 

頑張ったらどうにかなるではなくて
そもそもどうにかなるようにある自分と世界を信じるっていう感じ

 

 

切羽詰まってたらそうはいかんかもしれんけど
そういう時に、ちょっと頼らせてもらう
それが神様なのではないかと

 

だんだん神様に対しての思いが
あふれてきたわー

 

 

パワースポットだから
御神徳があるからでいくというより
好きな人に会いに行くっていうのがいいんだろう

 

 

要するに
お金お金お金って騒がんほうがいいよ!!

 

 

結局視野狭くなって
ある者にも気づけなくなるしな

 

 

頑張る自分を安定させるためのよりどころ
それが見えない人たちだと思う

 

 

そしてみえない人にも得意分野があるから
専門家のところに行くって感じかな

 

 

って、まとまってないな(笑)

 

 

とりあえず
この日にいった意味がとてもあったのだと
ご参加いただいた方に拍手を送りたい

 

 

神社ツアーまたやろう
そしてそもそもを伝えていこう

 

 

あ、一応表向きは
ボディーセラピストですので
そっちもよろしくね♪

 

 

ほな、また

 


 

プライベートや脳内ワールドなど
ぼちぼち変なことが届きます(笑)

もしよかったらどうぞ

あなたの身体と心を最新バージョンに調整することで
自分嫌いも克服できる坪内薫のボディーワーク
京都のサロンと全国で実施中(招致歓迎・出張ご相談ください)

詳しくはお問い合わせください

□出張ボディーワーク実績と予定□

・7/23-24 博多【満席】ありがとうございました

・8/24-25 長野諏訪【満席】ありがとうございました

・9/8 名古屋 【満席】ありがとうございました

・10/21 東京 【満席】

・11月14,28 名古屋 【満席】

・11/24-25 福岡【受付中】

・12/15 東京 【満席】

・1月 長野県諏訪 【予約受付中】

・2月 愛媛県 【準備中】

・5月 北海道札幌市 【予定】

fff

最新情報はこちら

 

□現在発売中のおまじないアイテム・イベント□

◇メモリーオイル◇

・9/10 個別王様オイル 9月発送分受付開始

・9/10 ドラクエっぽいオイル発売中

・変態金運オイル(個別オーダー受付中)

・しれっと魔除けオイル(再版予定あり)

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事