うどん県でRe:bornしてきちゃいました 2日目その壱





スポンサーサイト

えっさほいさ、坪内薫です。

忘れてたわけじゃないけれど
香川旅行の弐日目レポ その1です。

ニューレオマワールドのホテルに泊まり
9時ごろにチェックアウト。

この日はわたしのハートをグイっと掴んだ場所に向かいます。

その場所はこちら

IMG_3931

善通寺

 

善通寺(ぜんつうじ)は、香川県善通寺市にある寺院真言宗善通寺派総本山。
屏風浦五岳山誕生院と号する。本尊薬師如来四国八十八箇所霊場の第七十五番、真言宗十八本山一番札所。
和歌山県高野山京都府東寺と共に弘法大師三大霊場に数えられる。

平安時代初頭の807年に真言宗開祖空海の父である佐伯善通を開基として創建された。
伽藍は創建地である東院と、空海生誕地とされる西院(御誕生院)に分かれている。(ウィキペディアより)

 

そうなんざますよ、
弘法大師 空海さまがですね
ご生誕された場所。

それだけ聞いてもすごそうでしょ?

 

 

わたしがねグッとつかまれたのは
戒壇巡りというもので

真っ暗闇を進み、
その中で自分の行いを反省し煩悩を落としながら
仏様や弘法大師と縁を結ぶというもの。

ちょうどね、いろいろ自分自身が変わった時で
行かないとって思ったわけです。

 

で、で、行きましたよ。
善通寺は家族で参りましたが
戒壇巡りはわたしだけ。

家族は車で待っててもらいました。
旅先なのに、めっちゃ一人(笑)

IMG_3933

タダならぬ覚悟と気合と
変な感覚が渦巻く中
注意書きを読み階段の下へ。

 

そこに広がる地下空間
恐怖を超えた闇でした。

笑わんといてね、
わたし、めっちゃ暗いとこが苦手で(ノД`)・゜・。

なのになんで行ったんだってことなんやけど
それはちょっと置いといて。。。

大人になって、母になって
こんなに魂の底から恐怖を感じたのは初めて
こんなの人生初だった。

左手を壁面に沿わせ
ただ祈り、そして反省し、
闇を感じ、恐怖を捨て
今に、自分に集中しました。

わたししか居なくて、
もっそい静かで
ド恐ろしかった。

 

早くいけば終わるっておもうやん?
足が、動かんのよ、ゆっくりしか。

今までの記憶や思い込みが
そうさせてるんだなって思った。

めっちゃ怖いんやけどね
でも絶望ではないの。

 

信じて、進んでいくと
少し小さな部屋があって
現代技術で再現された大師様の
お声でお話をしていただけます。

こんなにありがたく
魂に感謝したことはなかったな。

あんなに恐怖でいっぱいだったのに
感謝と愛で感動していました。

 

ご縁をいただいて
それでハッピーエンドではないのでござる。

また、部屋を出ると暗闇が
でもさっきには無かった安心感と
優しさに包まれていたので恐怖心はましでした。

 

外の明かりが見えてきて
ちょっとウルウルしてしまった。

生きてるって、生かせていただいてるって
本当に奇跡の積み重なりで、幸せなことなんだと。

 

階段を上り
地上に上がってしばらく放心。
腰が抜けてたともいうのかも(笑)

ご挨拶をして、車で待つ家族のもとへ。

 

わたし、リボーンしましたわん。
暗闇の中でもそのあとでも
全く自分が違うのがわかる。

同じ肉体を持ってるんだけど
もう全く思考が違う。

人生のタイミングで
よんでいただけたときに体験すると
ものすごい変化があるみたい。

 

IMG_3934

善通寺横にお稲荷さんがあって
すごい桜もきれいで、めっちゃおいでって言われてたけど
精神力を使い果たして、生まれ変わり、エネルギー不足だったので
そちらを向いてご挨拶の見させていただきました。

 

すんげーぞ、善通寺!

 

ってか
弘法大師さま、はんぱねー
(こういういいかたするとペラいけど。すいません。)

 

家族はワーワー言うてたけれど
放心状態の私はぼけーっと・・・

体験した事、感じたことを
ゆっくり、ゆっくり記憶に焼き付けておりました。

そんなことはお構いなしに
お腹が減ったと叫ぶGIRL

お昼ご飯を食べに行きました。

2日目 その弐へ続く

最後まで読んでくれて、ありがとう。

スポンサーリンク


宇宙的自分で今を生きる

初回から体感できるトラブルの解放と驚きの変化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇宙系巫女、坪内薫です。みえない世界に関わり悩んでいる人が本来の使命に気付き本質で生きていけるようになるための案内を宇宙と神様に繋がり、カードを使ったメッセージやヒーリングでサポートしています。趣味はドライブ、旅行、パン作りとおしゃべりと妄想。プライベートではB'zとダウンタウンが大好きな主人、7歳の娘と3歳の双子の息子とにぎやかに京都で暮らしています。https://moji-majyo.com/