これを書いてる人
userimg
百色の龍導師・坪内薫
施術の時には浄化龍、執筆の時には文豪龍、料理の時には美食龍などと、天空を漂う数々のドラゴンたちを自分の用途に合わせて召喚できる京都は嵐山の龍使い。もちろん自分だけでなく依頼があった時には自らの顧客にも龍を降ろすが、彼氏ができない人に相愛龍をつけたりはせず、むしろ真逆の戦闘龍をつけるなど別の方向に救いを見出しては、こっそりとそれを楽しむ天邪鬼。色々な意味でオイシイ状況を好むため、反対の「スベる」意味を持つバナナが嫌い。間違えてバナナマフィンを食べてしまうとどんな人でもスベり散らかす潤滑龍しか呼べなくなってしまうので要注意。

旦那さんと3人の子供たち、そして関ジャニ∞の大倉君とB'zがパッションの源。

みえない世界とあなたを繋ぐパイプライン
京都の巫女的翻訳家 坪内薫です

 

私のパートナーの黒龍さんから
お手紙を受けっていただいたキャンドルアーティスト 花音みゅーさんが
ご感想をブログに書いてくださったのでご紹介します

 

もやもや~

意識してたわけじゃないけど…

いやいや そんなこと言ってる時点で

めーっちゃ心に引っかかってるんだよね~

いろんな変化があり

最近ほっとしていない

 

キャンドルマイスター花音みゅーですw

(自虐w)

そんなとき  キャンドルをコラボさせてもらった

薫ちゃんのこの記事

覗いてみたくなってぽちっベル

占いとか予言ではないということです


薫ちゃんとコラボさせてもらった龍のキャンドル

裏側は鳳凰なのです~
お手紙来ましたよ 黒龍さんから音譜

言葉を選んで

大切にメッセージを伝えて下さる

 

何だかもやもやが 言語化されて

すっきりですよ宝石白

分かってもらえるって感覚がとっても嬉しくって

涙出そう…いえ ホントはちょっと出ましたえーん

気になるでしょ爆  笑覗いてみるはてなマーク

薫ちゃんfacebook
https://www.facebook.com/tsubouchi.kaoru

今日はのんびり猫三昧(≧▽≦)

 

キャンドル灯してみよ~キャンドル

 

何となくどこか気付いてるようで
でも見ないようにしてる事がたまってくると
モヤモヤ~っていう現象が起こってくるんですよね

 

それは誰しも起きる事で
特別ってわけでもないんですが…

 

出来ればそれはない方が心地よくて
毎日が過ごしやすいもの

 

みゅーさんのお手紙には
そのもやもやをクリアにする言葉がつづられていたようです

 

私がどうやってお手紙を書いてるか
みえない黒龍さんがどうやって手紙にしてるのか
少しお話してみますね

 

黒龍さんこと黒先輩がお手紙を書く時は
私の体と意識を利用します

 

黒先輩がお手紙を書いてる時は
私の意識はぼーんやり

 

書かれた内容はあまり覚えてません
ただね、黒先輩がどんな気持ちだったかの余韻を
ほんのり感じることができます

 

応援モードだったなとか
丁寧に丁寧に言葉を選んでたなとか
ほんとほんわりね

 

パソコンで打ち込むので
データとして残ってはいますが
何かない限り開くことはないので
私に読まれるんじゃないかみたいな心配は不要です~

 

いわゆるチャネリングという状態だったり
憑依というイメージにとても近いかもしれませんね

 

ただ、私は気を失ってるわけでもなく
乗り移られてるわけでもないので大丈夫ですよ(笑)

 

今のあなたのどこかにちゃんと届く
占いでも予測でもない不思議な手紙

 

↓黒先輩の手紙の詳細はこちらをクリック↓

 

以前キャンドルでコラボもさせていただき
今年もまたちょっとコラボを考えている
素敵なキャンドルアーティスト
花音みゅーさんのブログはこちら

 

みゅーさん、ありがとうございました!!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事