幼稚園の先生サポートをして気付いたこと

はーい、どうも

 

幼稚園の先生サポートを体験して
気付いたことをまとめました

 

あの距離じゃないとわからないことって
いっぱいあるんだなって話

 

うちの息子たち一卵性双生児は4歳になりまして
年中さんになっとります

 

夏休みが明けてまだ安定してないだろうこの時期に
幼稚園の計らいといいますか先生サポート体験をしているのです

 

参観日の親の距離感ではなく
先生サイドに立ちお手伝いや子供たちの世話をするという
とてもレアな体験ができる時間

 

去年もそれをやって
かなり良い学びがあったのですが
今年の学びはすごかったー!

 

 

先生サポート体験

この体験中は園内撮影禁止なので
文字のみでお届け!

 

タイムスケジュール

9:30 集合、内容説明

10:00 保育サポート

11:00 園児と遊ぶ

12:00 お弁当

12:40 お片付け

13:00 クラス遊び

13:40 お帰り準備・絵本

14:00 お迎え時間後、先生と対話

14:30 解散

 

ザックリこんな感じ
5時間びっちり子供とべったりです

 

体感的にあっちゅーま
ほんと一瞬で終わるのね

 

我が子も張り付いてきますが
それ以外の子供たちがわらわらわらわらと…(笑)

 

その相手を順番に偏りがないように接してたら
帰る時間になってたみたいなそんな感じ

 

 

仕事内容

  • 子どもたちの声をきく
  • 安全確保
  • 遊び相手
  • 清掃
  • 盛り上げ役w
  • 絵本を読む

 

今回のはこんな感じ
実習生の方がおられたので仕事少な目
若干これでいいのかと(仕事してへんで?)不安になったほど

 

普段なかなか家でもできない
1人1人の子供の声をきき反応するということに
徹底することになります

 

みんないっぺんに喋りますが
順番に聞いてあげるのね

 

リクエストが叶わなくても
聞いてもらえたという満たされた気持ちが
子どもの心を豊かにしていくのでないがしろにはできない

 

 

 

ってしってるのに
普段はなかなかねー
うるさい!とか、あとで!、ちょっとまって!っていうてしまう
(とても強く反省)

 

この日ばかりは仕事も忘れて
ガッツリ先生です

 

子どもたちも「先生」って呼ぶからね
(朝、先生だと紹介される)

 

 

優越感はなく
でも親という立場でもない
先生でもないけども先生みたいな

 

先生側からすると
単純に手が増えて目が増えるので
楽になるんだと思う(笑)

 

 

メリット

  • 一日我が子と一緒
  • 一日お友達と一緒
  • 一日先生と一緒
  • 我が子とお友達と一緒にお昼ご飯
  • 私人気者なのか?と思うほどの子供たちの熱いまなざしが届く
  • にゃんまげなのか?とおもうほど子供たちが飛びついてくる
  • 子供の成長が見れる
  • 日常生活が見れるだけでなく共有できる
  • 他の子の様子が分かる
  • 他の子のお弁当の大きさが分かる
  • 他のお弁当のおかず事情が分かる
  • 平均的な食事や作業スピードが分かる

 

一緒に居ないとわからないこと見えないことってあるのね
家の過ごし方は知ってるけど園の過ごし方は知らない
そして先生がどうなのかもわからない

 

参観日ってよそいきなのね先生も子供たちも
むき出しの日々が見れるのが先生サイドのサポート役である大きなメリット

 

息子たちが家にいるときのような要求をしてきても
「今日は皆のお母さん先生だから駄目よ」って断るわけです

 

そしてそれに納得する我が子!最高!!(親ばかw)

 

自己肯定感が低かろうと
性格が悪かろうと美人で無かろうと
容赦なく子供たちは飛びついてきます(笑)

 

わたしなんてとか思ってる暇は1秒たりともありません
子どもたちに全肯定しかされない時間ってすんごいんだって

 

 

んで、突然母目線

 

他の子の成長とか動きって
全くわかんないのよねバス通園だから

 

今この世代はこういうことが流行ってて
どういう口調で話していて

 

どれぐらいのお弁当の大きさで
どんなおかずを食べているのか
箸の持ち方がどうなのかとかが分かる!!!

 

 

これね、去年は母目線で見てなかったので覚えてないんやけど
うちの子のお弁当足りてるのかとか作法はどうなのかとか
空っぽのお弁当みてるだけじゃわからんの

 

その様子がうかがえて
よそのおうち事情と育ちが分かるって場はそうそうない

 

育児サークルとか児童館とか
そういうところに通ってたら別だろうけど
うちは全くちっともさっぱり行っていなかったので
息子たち世代のママ友っておらんかったの

 

なので情報交換もなく
そして幼稚園で知り合ったママ友とは
去年本部役員をしていた時はあれこれはなしたけど
終わった今はそう会わないから話すことも少なくなって

 

とーーーっても
いい情報をライブで体感

 

いつも当たり前にやっていることが
これでいいのかとか修正が必要なのかって
ほんとわかんないまま手探りなのね母って

 

なのでたくさんのヒントとアイディアを
持って帰ってくることができたわけです

 

 

体力と引き換えに…(苦笑)

 

 

デメリット

  • 報酬はなし
  • お弁当持参(給食の時は給食代必要)
  • 年に1回しかできない
  • 筋肉疲労が激しい
  • かなり本気で痛いことされる

 

人によりデメリットの感じ方は違うやろうし
そう感じはる方はやらへんのだろうけど

 

今回感じたのは痛みと筋肉疲労

 

本気でぶつかってこられると
イラッとを超える痛みが

 

そして腕にぶら下がりたいとかのたまうお子達を
順番に引っ張り上げるという作業を半ばエンドレス

 

こんなこと家でもしたことないのに
筋肉がプルプルを超えてぶるぶるとなっておりました

 

お金もらえないのとかは当然かなって思うし
お昼代かかるのもそうだよねって思う

 

こちら側からさせていただいているんだから
それだけでオッケーでしょ

 

 

とはいえ
年に1度しかできないというのがなー

 

うちの息子は同じクラスなので
双子でも1回しかできないの

 

そのクラスに1回、、、
もっと見たいなって思う正直

 

上の娘の時には息子たちが小さくて
ほぼ幼稚園にいけずわからないことだらけだったから
もっと行きたいなっていうのが本音

 

保護者の憩いの場みたいなのがあるから
行けばいいんだろうけど保育現場にはあまり顔出せないの
他の子が気にしてしまうからね

 

来年がすでに待ち遠しい…
そしてデメリットなのかこれ見たいな(笑)

 

 

気付いたこと

  • 会話が成立する
  • 条件を提示してくるなど巧みな技を使ってくる
  • 切り替えが早くなってる
  • 執着も減ってきている
  • 自分の中のルールとかかっこよさとかいう価値観が形成されている途中なんだなというところに触れられた
  • 引き際が分かってきている

 

年少のころと1年しか変わってないのに
このころの進化ってすごいのね

 

ただ側に来てニヤニヤしていた子供たちは
自分の意思を伝え希望を伝えて相手の行動を促そうとする

 

それをした未来がどうなるかとか
あかんかったらどうしようとかそういうの一切なし

 

今私がこうだからという前提の強さがすごかったね

 

そして何より『待つ』ってことができるようになってたことに
ほんま感動した!

 

じっとする、前を向いた状態をキープとか
子どもにとって苦痛なのね

 

気になったところを見たいし
楽しくないと思うことには興味持てないし
やりなさいって言われる理由もわからないし

 

ちゃんと待ってたねー
そして静かにしないといけないところでは黙ってたし
挨拶をするときにはカッコいい姿勢で声を出してくれたし

 

みんな素敵やった!

 

まとめ

子どものピュアで真っ直ぐな成長というか
人としての進化の神秘的な部分に触れることで
自分の心があらわれるっていう状態になりました。

 

いかに大人はいろんなことを考え
頭で生きてるのかということが分かったし
声に出して伝えるというコミュニケーションの重要性とかね

 

大人、いらんこと考えすぎだぞ!!!

 

考えすぎるから悩むんでないかい!?

 

 

ってとこじゃなかろーか

 

 

年1のイベントだけれど
子を育むということと命を尊重するという経験は
私の人生にとって大きな意味があるのです

 

また、来年もやろーっと

 

 

息子らも楽しみにしてるしね!
今しかできひんことでもあるし♪

 

 

園の行事
参加したほうがおもしろかったりもします
あれこれ考えて諦めてしまう前に
行ってみてくださいね!

 

 

ほな、またー

 


 

プライベートや脳内ワールドなど
ぼちぼち変なことが届きます(笑)

もしよかったらどうぞ

 

 

あなたの身体と心を調整することで
自分嫌いも克服できる坪内薫のボディーワーク
京都のサロンと全国で実施中(招致歓迎・出張ご相談ください)

詳しくはお問い合わせください

 

□出張ボディーワーク実績と予定□

・7/23-24 博多【満席】ありがとうございました

・8/24-25 長野諏訪【満席】ありがとうございました

・9/8 名古屋 【満席】ありがとうございました

・10/21 東京 【満席】

・11月14,28 名古屋 【受付準備中】

・11/24-25 福岡【受付準備中】

・12/15 東京 【満席】

・1月 長野県諏訪 【予約受付中】

・2月 愛媛県 【準備中】

・5月 北海道札幌市 【予定】

最新情報はこちら

 

 

□現在発売中のおまじないアイテム・イベント□

・9/16(日)

鳥取市 宇倍神社ツアー(残4名)

鳥取市 宇倍神社代理参拝 (残5名)

 

◇メモリーオイル◇

・9/10 個別王様オイル 9月発送分受付開始

・9/10 ドラクエっぽいオイル発売中

・変態金運オイル(個別オーダー受付中)

・しれっと魔除けオイル(再版予定あり)

 

これを書いてる人
userimg
宇宙系ボディーセラピスト・坪内薫
心と身体をつなげてパフォーマンスアップをサポートする専門家
アンフォールディング ボディワーカー/1975年7月京都生まれ、京都在住

独身時代はスピリチュアルとは関係のない会社員をしていたが、出産を機に興味のあった占いやヒーリングサービスの世界へ、2012年より多くの女性へお悩み解決のお手伝いをしてきた。近年は心と身体をつなげパフォーマンスをアップを主軸とするボーディータッチサポートに特化し、各地へ遠征しパフォーマンスアップのお手伝いをしている。

実は、占いやヒーリングを提供していた時に悩んでいました。相談者様の気持ちに寄り添いアドバイスをしても、占いの好転反応が出ることがあった。 本当に良いものなら好転反応も無ければ良いのに・・・。 そんな疑問を持って活動していたのですが、そんな時に寺嶋康弘先生のUnfolding Bodywork(アンフォールディングボディワーク)に出会い。 心と身体は繋がっているんだ!!と再確認。師事を仰ぎボディワーカーとなる。

今までの占いやヒーリングは、どうしても心(気持ち)のサポートが中心になってくる。 心だけ・身体だけの対応はどこかでズレが生じてしまう、しかし、このボディワークでは心と身体の声を聞き、両方のバランスを取ることでパフォーマンスのアップを実現している。

現在は経営者向けのボディワークに力を入れている。会社TOPのパフォーマンスが上がる事で、会社全体が好転する事が実証済み。 こちらからの信頼と尊重が、さらなるパフォーマンスアップに結びついている。京都でのサロンワークの他に、全国各地への出張も活発に活動中。

ボディワークを通じ各地のキーマンのパフォーマンスを上げる事で、地域を元気にし日本全体を元気にするのが夢。

趣味は着物と和太鼓と寺社仏閣巡り、美食探索、人間観察がライフワーク。
各地へ出かけ「変」なものを発見や撮影をして楽しんでいる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事