こんにちは、坪内です。

突然ですがワタクシ
猛烈な変革期におりまして。

 

ガーン

佐村真紀さんのブログから。 あ、これ私(笑)

 

時より、ものすごい吐き気がやってくるんですよ。
これ書いてる今もですけど。
せっかくなので
リアルタイムに分析っ!

 

吐き気とは何ぞや

まずは吐き気について

吐き気(はきけ)とは、腹部上部に不快感を覚え、嘔吐したくなる症状を促す感覚である。
嘔気(おうき)、悪心(おしん)ともいう。むかつきもこれに近い症状である。
wikipediaより)

やって。

 

知ってるし!
って感じやけど
なんだかそれだけでもないらしい。

 

吐き気をともなう疾患

・急性胃炎
・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・腹膜炎
・虫垂炎(盲腸炎)
・腸閉塞(イレウス)
・肝炎、胆石症、膵炎・メニエール病
・突発性難聴・自律神経失調症
・くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍・緑内障

(タケダ健康サイトより抜粋)

吐き気って
いろんな症状の入り口みたいね。
知らんかった。こわいぞー。

 

繰り返されるようなら
受信するのがよいですよん。
早期発見は大事やしね。

 

タイミングと仕組み

とはいえ、今回の吐き気は
もっとデイリーに起こりうるタイプ。

吐き気と言えば・・・

やっぱストレスよねー

 

吐き気を感じるタイミング

ストレスを感じる初期ではなく
ピークに強度がある状態。

じわじわとストレスによりダメージを受けてる体は
ストレスがピークに達したあたりで
無ー理ー とサインを表すのね。

 

じゃ、その仕組みとは

ストレスに対抗するために
交感神経が大活躍。

交感神経(活動時に活躍)と
副交感神経(リラックス時に活躍)は
バランスよく働くのがベストな訳だけど
交感神経ばっかりになってしまうと
頑張りすぎてる状態が継続。

やっぱり脳も休まないと
うまく働けないわけで…

しんどいんじゃーって
体のあちこちに不都合を起こし
いろんな症状を引き起こす訳。

その一つが吐き気ってこと。

胃腸ってね、
副交感神経が優位の時じゃないと働かないんだって!!
だから
食欲がなくなったり便秘になったり吐き気を感じるわけだね。

でもそのまんまだとやっぱ困る。
しんどいし、余計にストレスたまるし
気分だって上がってこないもん。

 

 

心理的要因からくる吐き気の対処法

もう、これは副交感神経を優位にするしかない!

ストレスを解消できれば1番だけど
すぐにはできないことがほとんど。

なので副交感神経を
強制的に盛り上げるのです。

リラックスすることを意図的に行って
副交感神経を優位にしちゃうわけ。

深呼吸・お茶を飲む・お風呂に入るは
かなり効果が高いんだって。
深呼吸する気分じゃなくても
特に喉が渇いてなくても
お風呂の時間じゃなくても

あ・え・て やってみて!

 

あえての行動って
最初はザワザワするけどね
しばらくすると、案外心地よくなるもんなの。

それこそ副交感神経が
だんだん優位になってきた証拠。

 

吐き気がつよいと
飲みたくもないだろうけど
深呼吸するとか、5分目をつむるとか。

自分にできる
あえてのアクション探してみてね。

 

一番大事なこと

リラックスすれば無問題かといえば
それだけではどーにもならんことを
なーんか知ってるよね。

それはなにか

『そんな自分を責めない』

これだね。

 

気持ち悪いわ~
また吐き気するし。
何でこんなことスッとできひんにゃろ。
ほんま、わたしってあかんわぁ。

↑ これ、あかんタイプ ↑
自分を常に好きな人も少ないだろうし
やっぱりついつい責めてしまう。

いちばんそばに居るからね
そうなってしまうのも仕方ない。

けど、知っておくだけでも
あ、今責めてるわワタシって
気付くのが早くなるはず。

無いに越したことはないけど
吐き気を感じてしんどさが増してる時は
自分を責めてるサイン。

気付いたときに
早めに対処法に取り組むことが
楽になる近道かも。

 

おまけ

気分転換に
しょーもないストーリーをプレゼント!

バランス戦隊 シナプスレッド
~戦わずしてコントロールする凄い奴~

 

あ、なんだか吐き気が。。
お腹のあたりがモヤモヤするわ。
これから会議だっていうのに困った…

 

たーすけてー
シナプスレッド~~~

 

呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃジャーン!

 

私の名はシナプスレッド
バランスレンジャーとして
君の頭の中を保守しているのだ!

 

お、やってきたな吐き気っち。
これは、交感神経ジャーが元気だっていう証。
よし、そろそろ副交感神経ジャーを呼び出さねば!!

 

副交感神経ジャー!
至急、出動願います!!

 

この合言葉で
副交感神経ジャーを呼び出すぞ。

さあ、君も一緒に!

 

『ゆるま~~る』

 

もうこれで大丈夫だ、
安心してくれたまえ。

 

またいつでも声をかけてくれよな


爽やかにニューロン号に乗って
シナプスレッドはさっていくのであった~

 

ぷぷぷ
しょーもないね(笑)

こんなこと考えるのも好きなんよ♪

 

何でもほどほどに
あなたの中のちょうどいいに戻せるアイテム
沢山そろえてみてね。

速やかに戻れるっていうだけで
気分は軽くなるからさ。

 

ってことで、お気に入りのお茶いれてくるね。
最後まで、読んでくれてありがと^^

 

(参考サイト:自律神経失調症―完璧ガイドさま

これを書いてる人
userimg
宇宙系ボディーセラピスト・坪内薫
心と身体をつなげてパフォーマンスアップをサポートする専門家
アンフォールディング ボディワーカー/1975年7月京都生まれ、京都在住

独身時代はスピリチュアルとは関係のない会社員をしていたが、出産を機に興味のあった占いやヒーリングサービスの世界へ、2012年より多くの女性へお悩み解決のお手伝いをしてきた。近年は心と身体をつなげパフォーマンスをアップを主軸とするボーディータッチサポートに特化し、各地へ遠征しパフォーマンスアップのお手伝いをしている。

実は、占いやヒーリングを提供していた時に悩んでいました。相談者様の気持ちに寄り添いアドバイスをしても、占いの好転反応が出ることがあった。 本当に良いものなら好転反応も無ければ良いのに・・・。 そんな疑問を持って活動していたのですが、そんな時に寺嶋康弘先生のUnfolding Bodywork(アンフォールディングボディワーク)に出会い。 心と身体は繋がっているんだ!!と再確認。師事を仰ぎボディワーカーとなる。

今までの占いやヒーリングは、どうしても心(気持ち)のサポートが中心になってくる。 心だけ・身体だけの対応はどこかでズレが生じてしまう、しかし、このボディワークでは心と身体の声を聞き、両方のバランスを取ることでパフォーマンスのアップを実現している。

現在は経営者向けのボディワークに力を入れている。会社TOPのパフォーマンスが上がる事で、会社全体が好転する事が実証済み。 こちらからの信頼と尊重が、さらなるパフォーマンスアップに結びついている。京都でのサロンワークの他に、全国各地への出張も活発に活動中。

ボディワークを通じ各地のキーマンのパフォーマンスを上げる事で、地域を元気にし日本全体を元気にするのが夢。

趣味は着物と和太鼓と寺社仏閣巡り、美食探索、人間観察がライフワーク。
各地へ出かけ「変」なものを発見や撮影をして楽しんでいる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事