みえない世界とあなたを言葉でつなぐ
京都で巫女的翻訳家をしている坪内薫です。

 

メルマガでお届けしている内容ですが
こんなことを龍さんと話してるよーて感じ

 

辛口と

甘口居ると

あわないよ

 

互いにいいとこ

つくればいいよね

 

 

こんにちは坪内 薫です。

 

 

雪、すごかったー

旦那さんが雪ダルマ作りに

熱を上げておりました(笑)

 

 

今日はね

なんてことない日の

黒龍さんとの会話に

ドキッとした話♡

 

 

黒先輩(私の隣にいる黒龍さん)は

とっても甘口です

甘いの大好き、女子みたい

 

 

私、甘いの苦手

子供を産むたびに

甘さがダメになりました

辛いものはずっと好きなの

 

 

最近ね

飲みものを買う時に

やけにカフェモカが気になる

 

 

コーヒーとココアを

混ぜたみたいな感じ

 

 

甘いけど苦い

だから飲めてしまう謎の液体

 

 

あまりにそればかり頼むから

まさかと思って聞いてみた

 

 

私:ねぇ、カフェモカ選んでるよね?

 

黒:バレタ?

 

私:気付いてなかったわ

 

黒:これ美味しいって思えるんだよ僕

 

私:私も甘いけど美味しいって思うのよね

 

黒:薫は珈琲ブラックだし苦いんだもの

あれちょっと苦手

 

私:コーヒーは苦いのがいいのよ

 

黒:カフェモカはOKなんだよね

 

私:うん、不思議

 

黒:いいんじゃない?

僕と薫の真ん中なんだから

 

私:真ん中かー

 

 

ほんとその発想無くて
どちらか好きなのを順番に

って考えてたのよ

 

 

これ欲しいって言われたら

私が我慢して

 

 

私がこれいいって言えば

黒先輩が我慢するみたいな

 

 

カフェモカだけは

2人ともノー我慢

ストレスなし

 

 

折り合いでもなく

ちょうどいいとこに

カフェモカがあったってわけね

 

 

カフェモカありがとう!

なんだこの感情(笑)

 

 

こういう表現

ほんとうまいわ黒先輩

 

 

しょっちゅう

惚れ直しております♡

 

 

キャーだよね( *´艸`)

 

私が摂取するものは
側に居る龍さん(黒先輩)にも伝わります

 

ちゃんと好みもあるんだよー
私は辛口、黒先輩は甘口

 

お互いがご機嫌になるためには
我慢して譲るしかないと思ってた私

 

違ったよねー、真ん中ってあったわ!
極端な性格にはなかなか出てこない発想(笑)

 

日々の小さなことからね
いろんな事を教え伝えてもらってます

 

それをお伝えすることで
必要とする誰かに届けばいいなって
その気持ちだけでメルマガに打ち明けてます

 

ここはもっと知ってもらうといいよ
って言ってもらえた内容に関して
ブログにピックアップしていくね

 

メルマガ読んでなくても
これ見た時が、なんかなんだわ♪

 

みえない人とのリアルな会話がみれるメルマガ
なかなかないと思うので気に入ってもらえたら是非読んでねー

 

Dragondayz-banner

 

これを書いてる人
userimg
百色の龍導師・坪内薫
施術の時には浄化龍、執筆の時には文豪龍、料理の時には美食龍などと、天空を漂う数々のドラゴンたちを自分の用途に合わせて召喚できる京都は嵐山の龍使い。もちろん自分だけでなく依頼があった時には自らの顧客にも龍を降ろすが、彼氏ができない人に相愛龍をつけたりはせず、むしろ真逆の戦闘龍をつけるなど別の方向に救いを見出しては、こっそりとそれを楽しむ天邪鬼。色々な意味でオイシイ状況を好むため、反対の「スベる」意味を持つバナナが嫌い。間違えてバナナマフィンを食べてしまうとどんな人でもスベり散らかす潤滑龍しか呼べなくなってしまうので要注意。

旦那さんと3人の子供たち、そして関ジャニ∞の大倉君とB'zがパッションの源。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事