ストレス・年齢に伴う不調を乗り越え、自分の身体と仲良くなるための身心調律場

【小学生でもわかる・しんどくない友達の作り方】という冊子を作ります

  
\ この記事を共有 /
【小学生でもわかる・しんどくない友達の作り方】という冊子を作ります

無料で配布する
新しい冊子のプロジェクトをスタートさせています。

 

完成するまでのプロセスを
公開しながら進めてまいります。

 

まず、なぜこれを作ろうと思ったのか
そんなことをこの記事はまとめます。

 

 

小学生にもわかる・しんどくない友達の作り方を作ろうと思った経緯

実話からスタート

私には小学校5年生の娘がいます。

 

 

 

3年生の途中から転校をした今の学校
ずっと楽しんでくれていると安心していました。

 

前の学校がとんでもだったので
いい学校に来れて良かったと
母として気を抜いていたのです。

 

「学校楽しい、友達増えたよ!」
その声を信じていました。

 

 

5年生になってすぐ
係活動を家でもやろうとする娘に違和感

 

自分の折り紙を大量に使って
クラスの子に配るものを製作しているのです。

 

最近折り紙を大量に欲しがるなと思っていましたが
まさか学校のものを自分の手持ちで作ってるとは
ちょっと見過ごせないなと感じました。

 

 

 

まずは話を聞こうと
ゆっくり引き出していると
もう一人の子は得意じゃないから自分がやってると。

 

自分の折り紙をつかえといわれたわけじゃないが
クラスの折り紙が無いから自分のを使ってると。

 

クラスの係活動のあれこれを
多少持ち帰る分にはいいと思うのです。

 

忙しい忙しいといいながら
1人1人に合わせて作品を作る手間と時間
これはやりすぎだなと感じ話を続けました。

 

2人いるのにあなただけがやるのはどうかな
その作業は係の範囲を超えていると思うよと。

 

そうすると
頑張り屋で人一倍責任感の強い娘が
ぐらつきはじめました。

 

「あなたはそれをやりたいの?」

 

そう聞いたときに
娘の糸が切れたのです。

 

「しんどい、やりたくない、自分の折り紙つかうの嫌や」

 

 

これを聞いて
いつかが今来たかという気持ちで
話を引き出していると

 

「嫌われたらどうしよう」

「悪口言われてたらいやや」

「なにおもわれてるのかわからんくてこわい」

 

 

 

こんな言葉とともに
大量の涙があふれ出たのです。

 

 

娘は転校後
必死で周りに好かれるために
自分の得意な折り紙を披露したり教えてあげたりして
友達になれるように頑張っていました。

 

でも
途中から入った負い目が
ずっと抜けなかったのでしょう。

 

自分が我慢すれば
周りは喜んでくれているという発想になってしまったのです。

 

 

 

でも本来
自分が我慢して周りが幸せになるはずがありません。

 

でもまだ11歳
自我とも戦いながら周りと関わることは
とてもストレスフル

 

狭い狭い視野で全てを受け止めることができず
ずっとこらえていたのです。

 

 

 

1年前から夜なかなか眠れないと
訴えてきていたので
何かあることは分かってましたが

 

親がしゃしゃり出るのもおかしいなと
ずっと見守って待っていました。

 

眠れないほどの不安とストレス
学校で我慢して家で発散する日々
もう彼女の心は限界を超えたのです。

 

よく頑張ったね
沢山悲しかったね
いっぱい辛かったねと抱きしめ
止まらない涙を全て受け止めました。

 

 

その日の晩
緊張が抜けたのでしょう
すぐに眠りにつきうなされることもありませんでした。

 

 

 

 

これからについて
先生と連絡を取り
現在も取り組みを進めています。

 

 

友達をつくることが
苦痛になっちゃいけないな

 

こう感じた私は
彼女に直接の言葉ではなく
間接的に伝える方法を模索し始めました。

 

言葉でいうことは簡単ですが
まだまだキャパが小さいので
客観的目線が必要だなと感じたのです。

 

 

親の言葉は伝わりにくい
これはだれしも感じていることじゃないでしょうか。

 

伝わらなければ意味がない
私が子供のころに教えておいてほしかったことなどを含め
いま娘に届けたい。

 

安心して学校に行き
怯えることなく過ごせるように

 

 

これが
この冊子を作ろうと思ったきっかけです。

 

子供が受け取りやすいものにする工夫

文字を並べただけじゃだめだ

 

子供が分かりやすいもの
娘が大好きなもの

 

それは可愛らしいイラストや
漫画を使うのがベストだと感じたのです。

 

 

 

ただ残念なことに
壊滅的に絵が描けないワタクシ
誰かを頼るしかありません。

 

そこで
娘にもあったことがあり
今イラストを描かれている
占い師のほしみさんに相談しました。

 

無茶を承知でのお願いでしたが
快諾いただけたのです!

 

 

普段から仲良くしてもらってるので
色んな事が伝わりやすくて助かります♪

 

 

 

内容や進め方を相談しているときに
表紙は大事だよね、印刷詳しい人がいると助かるよね
デザインできる人に相談できると安心だよね

 

となり

 

速攻出てきたのが
いつも印刷物のデザインをお願いしている
西洋占星術師でデザイナーの麻生由佳さん!

 

星見さんと由佳さんと私3人で会うほど
プライベート仲良しなので
なにかといいよねと!

 

 

 

由佳さんに相談
やったことないという依頼に
私が食いついてお願いしまくり
うけていただけることになりました!

 

名刺やカラダコーヒーのデザイン制作をお願いするのは
私というものを捉えてくださっているから。

 

言語ではない部分をくみ取ってくださるほど
私を表現するということに対してすべてお任せできるほど
大好きな方です。

 

 

 

こうして
私の大好きな方に助けていただくことになり

 

小学生にもわかるしんどくない友達の作り方冊子プロジェクト
スタートしたのです。

 

大人も実は悩んでいる

友達の作り方を
一番不器用な幼少時期に教わってもないので
それぞれにこれでいいのかなと思いながら大人になっているのが現状。

 

模索しながら試行錯誤して
傷つき悩んで大人になっても正解をみつけられていない状態。

 

相談する相手もおらず
1人で抱え込んでしまうことで
苦しみ続けている方も多いということは
人と関わることを仕事にしているのでよくわかっていました。

 

対象は娘
でスタートした企画ですが
小学生がいる親世代に手に取ってもらえたらなと。

 

そして子供がいなくても
人と関わることに対して悩みや不安を抱えてしまっている方に
何かお役に立てるんじゃないかと確信しています。

 

頭ではわかっている
あたりまえのことを
あえてシンプルでわかりやすい冊子から受け取ることで
ご自身を再確認するきっかけにしていただけたらなと思っています。

 

 

現在の進捗

6月から本格始動したプロジェクト

 

星見さんにストーリやセリフ相談をして
キャラクターの雰囲気が決まり

 

現在、全体の流れをラフにまとめていただいています。

 

本業ではないことを
引き受けてくださっているので
床に頭を擦り付けるほど感謝しかありません。

 

私の思いをしっかり受け取ってくださるのは
占い師として沢山の方と関わり
人の悩みに寄り添ってきた経験が
生きているのではないかと感じています。

 

またこのブログで
進捗を報告していきますので
完成まで見守っていただけたら嬉しいです。

 

 

真面目で頑固でビビリの娘が
ぶち当たった壁に

 

おかんが本気で思いを伝えるために動いた

 

【小学生にもわかる・しんどくない友達の作り方】という冊子づくり。

 

 

電子版も考えましたが
手に取ってみる事の情報伝達量は大きいので
まずは物理で進めます。

 

無料で配ろうと思ったのは
いつも私がお伝えしていることだから
沢山の方に届けたい思いがつよいからです。

 

娘のために
何百冊も刷って配ろうとか
あほだとおもわれるかもしれません。

 

でも
娘と同じ苦しみを抱えている人が
少しでも気持ちを軽く
前向きになれたら
それでいいんです。

 

これから完成まで
がんばります!

 

ご協力いただく
星見かおるさん
麻生由佳さん
よろしくお願いいたします。

 

 

身体から潜在能力と思考を引き上げる宇宙調律師
坪内 薫(かおるーん)

 

 

 

※星見さんのイラスト制作は通常メニューではないのでご相談されてください
※麻生さんのデザイナー業についても個別でご相談されてください

 

星見かおるさんへのブログ

麻生由佳さんのブログ

 

 

坪内薫への問い合わせはこちら

 


・メルマガ (一番素に近い言葉と出来事とお知らせ)
https://www.reservestock.jp/subscribe/38265

・公式LINE (直感と感覚を拡げる場)
https://lin.ee/tgRVgm0

・Facebookページ
https://www.facebook.com/kaoruwonderful

・Facebook(坪内薫が好きな人が集まるグループ)
https://www.facebook.com/groups/916563961887877/

・Facebook個人ページ
 https://www.facebook.com/tsubouchi.kaoru/

・Twitter(脳内の声)
https://twitter.com/mojimajyo_Kaoru

・ブログ(身体の事やみえないことの発信)
https://moji-majyo.com/category/blog/

・note(着物)
https://note.com/tsubouchi_kaoru

・note(身体)
https://note.com/body_kaorun

・匿名で聞ける質問箱
https://peing.net/ja/mojimajyo_kaoru?event=0

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©かおるーん⊕ワンダーランド,2021All Rights Reserved.