ストレス・年齢に伴う不調を乗り越え、自分の身体と仲良くなるための身心調律場

突然!グラッとその場に持っていかれる感覚ありませんか?

    
\ この記事を共有 /
突然!グラッとその場に持っていかれる感覚ありませんか?

理由なんてわからないけど、突然自分が消えるような感覚があるのは、あなただけじゃないんです。

こんなこと人に言えないと、こっそり悩んでおられる方に何が起きているのかについて
どうするといいのかを身体の専門家としてお伝えします。


知ってれば怖くない、この感覚があなたの日々を安定させます。

これは保存版です!


場に持っていかれる不安を解消するための基礎知識

1、状況を知る
2、対策を知る

の流れで説明します。


1、状況を知る

ふわっと持っていかれるということは
うまく立てていない、重心が安定していないという事。

なので、不安定ゆえに影響を受けやすいのです。


私たちは見えない環境の影響を受けながら生きています。
常に何かしらの刺激を避けて過ごせないという事。

刺激の中には強いものも弱いものもあり、理由わからず突然やってくるという所以はそこ。

その場所に何かがあるとかそういう見方よりも、その場所の刺激に耐えられない状態なんだととらえるのが自然。

場所の合う合わないだけではなく、刺激に対して【今とても弱いんだ】と認識することが大切なんです。


2、対策を知る

重心が安定していないということは、重心が上に上がってるということ。
在るべきところに重さがないので揺れやすい、ゆれると止まりにくい状態なのです。


なので
重心をしっかりあるべきところに納める、下に戻してあげればいいのです!


安定感を生み出す身体の場所は脚と腰です。


最も安定をキャッチするのは足の裏


なので
「あ、あかん、もってかれる」


って感じたときの対策として



・その場で駆け足をする・



をやってください。


心地よい足裏からの振動が
身体の緊張やゆるみを適度に調整してくれるので安定につながる

持っていかれにくい状態の身体になれる



ということ。

つい
よくわからないことが起きると、霊障的なことやスピリチュアル的な発想になりがちですが、いつも身体が要です。



身体が安定すれば不要な不思議は起きません。
心配や悩みも減ります。


急に足踏みだしたら変な人って思われるかもしれませんが、誰も気づいてくれないし助けてくれないのでやればいいと思ってます。


「あ、ちょっと身体動かしたくなって」っていえば、よほどの状況じゃない限り許されそう。


(状況によりますのでご自身で判断をお願いします)


駆け足じゃなくても、少し足の裏を意識するだけでも戻りやすくなるので覚えておいてくださいね。



宇宙調律師
身体の声をきく専門家

坪内薫(かおるーん)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©かおるーん⊕ワンダーランド,2021All Rights Reserved.