ブロックはする側のほうがしんどい時もあるという話

はーい、どうも
潜在能力を引き出す身体と意識の調整師
宇宙系ボディーセラピストの坪内薫です

 

Facebookでねブロックという機能があります
相手を遮断して関われなくするという

 

LINEとかにもありますよね
そういう機能

 

久しぶりにブロックされて
モヤっとしたことがあったので
相手の心理を推察してみます

 

今回Facebookでブロックされたのが
初めてというわけではなくて
今までにもたくさんあります

 

全てが把握できてないと思うんですけどね
それはそれで別にいいんです。

 

今回は結構本気で好意を持っていた人だった
故にモヤっとしたらしい

 

 

 

今回の経緯をまとめると

 

ブログからリンクエラーのお知らせが来る

リンク元は〇〇さんのフェイスブックリンク

リンク先確認する

あれ?と思う

 

 

Googleでその人の名前を調べる
検索結果にはその人のフェイスブックが出てくる
でもそのリンクは見れない
(上の画面が出てくる)

 

 

ブロックされたらしい

 

 

という流れ

 

以前はとても密につながっていたのですが
私の中で無いわってことが重なって
さようならしました

 

でもブロックはされていなかった
投稿もほぼされていなかったけど

 

 

それが突如この状態
ざわっと来るでしょー

 

 

なんで今やねーん!みたいな

 

 

昔の私ならそこで凹むんですけど
間違いなく、ありえなく

 

 

でも、ずいぶん大人になったので
今回は違いました

 

 

ブロックってする側のほうがしんどいんちゃうか?

 

っていう仮説が出てきました

 

ぱっと見で判断しなーい

 

 

わたしもブロックしてる人はいますけど
私の世界に登場してほしくないからブロックしているので
一ミリもしんどいと思ったことはないのです

 

むしろ、ブロックという機能ありがとうとしか思ってない

 

 

 

疎遠であるにもかかわらず
ブロックしてくる心境というところに絞って考えると
目の端っこに入ることさえ耐えられないざわつきがあったんだろうなと

 

 

私が自分の世界に登場してほしくない
という思いとは少し違っていて
かき回される感じ

 

 

 

わたしという存在が確認できてしまうことで
べつにどうでもいいんだけどざわつきが生じる
そのストレスが蓄積し目障りになった結果じゃないかと

 

 

私の場合は考えるも何も
『無い』という決定の排除なので
かき回されるも何もなく「嫌い」という感情に近い

 

 

要するに
ブロックするという行為には
する側の2種類の心理があるんだなと感じたわけ。

 

 

・気持ちがゼロまたはマイナスゆえのブロック

・気持ちがミリ単位でつながった状態を断絶するためのブロック

 

どないおもう?

 

 

もともとないから排除しておくってのと
あるものを切れないから機能を使って強制的に遮断するって
心の強さが違う気がしたのです

 

 

 

そう思うと
ブロック機能を使うことで
強制的に関係を遮断する人って心苦しいはず

 

 

それをするまでに
ずいぶんざわついてかき回されて
ストレスを感じて耐え切れずの行為だと思うから

 

 

 

ぶっちゃけ
ブロックされたことに対して
どんな感情を抱こうと意味がないのでやめておくほうがいい

 

 

ブロックされたんやなと
ただその事実を受け止めるしかないの

 

 

しいて言えば
自分が何か刺激をしてしまっていたのかもなと
ブロックしてくれてありがとうという気持ちになるほうが正しい

 

 

無意識にしていることが
相手に刺激になってしまうことは
止めようがないし仕方ないことなので
どうしようとかは思わなくていい、てか他人軸

 

 

何かしてしまったのかも
これでもうお互いに軽くなれるんだなと
ポジティブにブロックを受け止めてあげることが
ベストなんじゃないかという結論に達しました。

 

お互いのためやな

 

 

要するに相手に何をされようと
自分以外を思いやれるゆとりのある人間のほうが幸せだってこと

 

 

それは自分軸で生き
自分の感覚を信じているという証

 

わたしはわたし

 

 

周りのあれこれに振り回されえて
感情振り乱しているような生き方は疲れるし
自分軸を放棄しているということ

 

わたしはいずこ

 

 

色んな人がいていろんな世界があって
みんな変わっていくんだという普遍の事実だけを頭においておけば
何があっても恐れることはないんだということが伝わればいいなと思います。

 

 

ブロックは怖くない!

 

ブロックされたらお互いによかったねと喜ぼう!

 

 

それぞれの道へ

 

 

ここに考えがまとまって
当初のざわつきは無くなりました

 

 

〇〇さん、今までありがとう
そして元気でね!

 

ちゃんちゃん♪

 

あなたの身体と心を調整することで
自分嫌いも克服できる坪内薫のボディーワーク
京都のサロンと全国で実施中(招致歓迎・出張ご相談ください)

詳しくはお問い合わせください

□現在の予定□

・6/25 東京【満席】

・7/23-24 博多【残席少】

・8/24-25 長野諏訪【残席少】

・9/8 名古屋 【調整中】

□現在発売中のおまじないアイテム・イベント□

身体と頭を調和させるキャンドル

身体と心をご機嫌にするキャンドルホルダー

見えない人からあなたへ応援メッセージ

カラダが今あなたに伝えたいこと(身体からのメッセージ)

宇宙的夏越の大祓

 

 

 

これを書いてる人
userimg
宇宙系ボディーセラピスト・坪内薫
心と身体をつなげてパフォーマンスアップをサポートする専門家
アンフォールディング ボディワーカー/1975年7月京都生まれ、京都在住

独身時代はスピリチュアルとは関係のない会社員をしていたが、出産を機に興味のあった占いやヒーリングサービスの世界へ、2012年より多くの女性へお悩み解決のお手伝いをしてきた。近年は心と身体をつなげパフォーマンスをアップを主軸とするボーディータッチサポートに特化し、各地へ遠征しパフォーマンスアップのお手伝いをしている。

実は、占いやヒーリングを提供していた時に悩んでいました。相談者様の気持ちに寄り添いアドバイスをしても、占いの好転反応が出ることがあった。 本当に良いものなら好転反応も無ければ良いのに・・・。 そんな疑問を持って活動していたのですが、そんな時に寺嶋康弘先生のUnfolding Bodywork(アンフォールディングボディワーク)に出会い。 心と身体は繋がっているんだ!!と再確認。師事を仰ぎボディワーカーとなる。

今までの占いやヒーリングは、どうしても心(気持ち)のサポートが中心になってくる。 心だけ・身体だけの対応はどこかでズレが生じてしまう、しかし、このボディワークでは心と身体の声を聞き、両方のバランスを取ることでパフォーマンスのアップを実現している。

現在は経営者向けのボディワークに力を入れている。会社TOPのパフォーマンスが上がる事で、会社全体が好転する事が実証済み。 こちらからの信頼と尊重が、さらなるパフォーマンスアップに結びついている。京都でのサロンワークの他に、全国各地への出張も活発に活動中。

ボディワークを通じ各地のキーマンのパフォーマンスを上げる事で、地域を元気にし日本全体を元気にするのが夢。

趣味は着物と和太鼓と寺社仏閣巡り、美食探索、人間観察がライフワーク。
各地へ出かけ「変」なものを発見や撮影をして楽しんでいる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事