これを書いてる人
userimg
百色の龍導師・坪内薫
施術の時には浄化龍、執筆の時には文豪龍、料理の時には美食龍などと、天空を漂う数々のドラゴンたちを自分の用途に合わせて召喚できる京都は嵐山の龍使い。もちろん自分だけでなく依頼があった時には自らの顧客にも龍を降ろすが、彼氏ができない人に相愛龍をつけたりはせず、むしろ真逆の戦闘龍をつけるなど別の方向に救いを見出しては、こっそりとそれを楽しむ天邪鬼。色々な意味でオイシイ状況を好むため、反対の「スベる」意味を持つバナナが嫌い。間違えてバナナマフィンを食べてしまうとどんな人でもスベり散らかす潤滑龍しか呼べなくなってしまうので要注意。

旦那さんと3人の子供たち、そして関ジャニ∞の大倉君とB'zがパッションの源。

エリーゼのためにって懐かしいな・・・

あ、坪内薫です。
 

Facebookに投稿したんだけれども
そこは考えるべきでも、悩むべきでも、不安になるべきでもないことに
もんのすごいエネルギーを使ってないかなって話。

 

自分ができる事って
自分の事しかない訳で
 

相手のためにって思うなら
相手に考えてもらうしかない訳で

 

どうにかしてあげたいから
相手のことまで悩むってのは
違うんだよね。
 

そうするって決めたのは相手であって
相手の決める事にアレコレ思うのは
あなたの感情。
 

あなたの中の価値観で
あなたの中の前提で
あなたの中の普通ってやつで
相手のことを見るからあれこれ思ってしまう。
 

あなたはただ、ただ
目の前にいる人のために
精一杯を出し切るのが筋で
そこにお金や物の循環があって
バランスをとるだけでいいんじゃないの?
 

私がどうにかしてあげないと
私が何かを変えてあげないと
それはあなたのエゴであって
どうしてほしいか決めるのは相手なんだよ。
 

相手の決めたことに
返してあげる、答えていく。
 

相手のために悩んでしまうほど
相手を大切に感じるのであればなお
相手を尊重し、自分は自分であるのが誠意だ。

 

どう思うかも
どうするかも
どう感じるかも
どう決めるのかも
相手の自由なんだから
任せちゃえばいいんだよ。
 

自分ができる事を
一生懸命丁寧にやる、やりきる、出し切る。
 

そのために自分はどうすればいいのか
そこを悩む方が、誰かのため、それが自分のためってことになる。
 

大切なものを大切に
目の前の人をちゃんと見る
複雑にしているのは自分自身
シンプルなんだよ、実際はね。
 

そのへんがどーにもならんくなったら
セッション受けてください、さっくり整理しますよ頭の中。
 

そして何をやるべきなのか、今どうすればいいのかってとこまでお連れしますから。
安心して、頼ってみてください。
 

それが私にできるあなたへの誠意だから。
 

個人セッションの詳細はこちら

 

最後まで読んでくれて、ありがとう。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事