西洋レイキティーチャーになりました(≧▽≦)

テストはやっぱり緊張する、坪内薫です。

 

私は西洋レイキのマスターだったんですけど
昨日、ティーチャーに認定されました!!

 

嬉しいので、ご報告♡

 

始まりはレイキ

2年前に4カ月ほどかけて
ひっしのぱっちで一気にマスターまで習得した
西洋レイキ

 

日常に使いまくり
ヒーリングもやりまくり
自分になくてはならないものが
レイキヒーリングだと言い切れるほどに。

 

でも、
教えたりする気は全くなかったので
ティーチャーは圏外でした。

 

レイキでないエネルギーと繋がる

レイキではないエネルギーに
繋がり始めて意識が変わってきたわけね。

 

レイキはベースにあるんだけど
女神さまや神さま、天使につながることが
その時の自分に合っていたしちょうどよかった。

 

で、繋がり始めた龍のエネルギー
龍と一緒にヒーリングを始め
どんどん精度を上げていき
全龍ヒーリングが完成

 

それが現在のスタイル

 

ティーチャーを意識した訳

フレイヤ様の伝授や
他のエネルギー伝授をしていて
ヒーリングだけでなく伝授に関しても
レイキの基礎を取り入れたいと思ったのね。

 

違うエネルギーをメインで使っていても
ヒーリングというものエネルギーの概念の根本は
私の中でレイキが大きな割合を占めてる

 

より良い伝授ができるように
自分をレベルアップさせよう
その意識からティーチャーを目指しました。

 

マスターとティーチャーの違い

マスターでは行き届かない意識が
ティーチャーになることで得られるわけ

 

できる事が増えるというより
知覚が広がり感覚が上がる
そういうと分かりやすいかな。

 

する人・できる人と
教えられる人の差ってやっぱあるの

 

教育実習の学生さんと
教師資格をもった先生の違い

 

自分への覚悟と責任が
全く変わってくると思ってます。

 

その覚悟と責任を負える自分になれた
だからティーチャーが圏内に入ってきたんだなと
そういう認識です。

 

これからのヒーリング

基礎力が上がって
知覚が広がったので
全龍ヒーリングのみならず
私のヒーリング、エネルギーワークの
総合力と基準値が底上げされます。

 

まぁ、よーきく、よりよくなる
そういう事です♪

 

すごくなるためにやってるんじゃないのね
よりたくさんの人へ向けてお役に立てるように
自分を高め、検証と修正を重ねレベルアップしてるのん

 

すごくなったって
喜んでもらえなきゃ意味ないからね(笑)
すごさなんかにきょーみないわ~♪

 

まとめ

エネルギーを扱う人次第で
ヒーリングや効果の質が変わるのね

 

選んでもらえるだけの
自分でいられるように

これからも頑張りまーす(≧▽≦)

 

うぅ、楽しいヒーリング
大好きエネルギー♡

これを書いてる人
userimg
宇宙系ボディーセラピスト・坪内薫
心と身体をつなげてパフォーマンスアップをサポートする専門家
アンフォールディング ボディワーカー/1975年7月京都生まれ、京都在住

独身時代はスピリチュアルとは関係のない会社員をしていたが、出産を機に興味のあった占いやヒーリングサービスの世界へ、2012年より多くの女性へお悩み解決のお手伝いをしてきた。近年は心と身体をつなげパフォーマンスをアップを主軸とするボーディータッチサポートに特化し、各地へ遠征しパフォーマンスアップのお手伝いをしている。

実は、占いやヒーリングを提供していた時に悩んでいました。相談者様の気持ちに寄り添いアドバイスをしても、占いの好転反応が出ることがあった。 本当に良いものなら好転反応も無ければ良いのに・・・。 そんな疑問を持って活動していたのですが、そんな時に寺嶋康弘先生のUnfolding Bodywork(アンフォールディングボディワーク)に出会い。 心と身体は繋がっているんだ!!と再確認。師事を仰ぎボディワーカーとなる。

今までの占いやヒーリングは、どうしても心(気持ち)のサポートが中心になってくる。 心だけ・身体だけの対応はどこかでズレが生じてしまう、しかし、このボディワークでは心と身体の声を聞き、両方のバランスを取ることでパフォーマンスのアップを実現している。

現在は経営者向けのボディワークに力を入れている。会社TOPのパフォーマンスが上がる事で、会社全体が好転する事が実証済み。 こちらからの信頼と尊重が、さらなるパフォーマンスアップに結びついている。京都でのサロンワークの他に、全国各地への出張も活発に活動中。

ボディワークを通じ各地のキーマンのパフォーマンスを上げる事で、地域を元気にし日本全体を元気にするのが夢。

趣味は着物と和太鼓と寺社仏閣巡り、美食探索、人間観察がライフワーク。
各地へ出かけ「変」なものを発見や撮影をして楽しんでいる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事