【Q&A】メッセージを受け取るにはどうしたらいいですか?

メッセージは音と絵、坪内薫です。

 

伝授を受けてくださった方より
メッセージの受け取り方について
ご質問いただきましたのでブログでも
回答させていただきまーす。

 

【質問】どうやったらもっとメッセージを受け取れますか?

女神フレイヤ様の伝授を受けてくださっていた方が
もっとメッセージを受け取りたいと
ご連絡をくださったんです。

 

【回答】沢山コミュニケーションをとってください

人でもそうなんだけども
ご縁ができた神さまも同じで
接触が多いほど仲良くなれます。

 

なーなーになるのとは違うのよ
礼儀を踏まえたうえでなんだけども

 

たまーに声かけてくれる人より
毎日声をかけてくれる人のが
嬉しいし可愛いわけですよ神さまもね

 

話しかけるのが面倒にならない位に
話しかけられてウザがられない程度に(笑)
いっぱいお話しすることをおススメします。

 

よりメッセージを受け取るコツ

いただくメッセージは
常に会話文とは限らないのね。

 

よくある
視覚・聴覚・体感覚ってやつなんだけど

 

自分が何で受け取るのかなんて
知らない人がほとんどなので
どうしても会話で答えを求めてしまいがち。

 

ちなみに私は
視覚(イメージ)と聴覚(音、言葉)
ときどき体感覚って感じ。

 

で、どうするか!!
調べないといけないのか!?!?

 

ってなるんですけど
調べんでいいです(笑)

 

知ってたらどうやって
べつにそうなんやってだけなんで。

 

そこで、お願いのしかたを変えるわけですよ

 

私がわかるような形で
メッセージください!

 

これです、このオーダーに変えてください。
神様はあなたがどうしたらわかるかってことは
もちのろんで、お見通しなので大丈夫。

 

まとめ

神様によって、いろんな存在によって
性格や特徴が全く異なるので
それを知るのも大事

 

めっちゃ喋って欲しい!
って思ってても
静かな雰囲気の方だったり
あっさりのタイプだったりするからね。

 

その神様や存在が
どんな歴史があるのか
どういう背景で過ごされたのか
調べてみるってのもアリです。

 

仲良くなりたいなら
知らないとね、相手のこと。

 

好きな人の好み
めっちゃ調べるでしょ?(笑)

 

相手に合わせて自分を変えるではなく
相手に合ったアプローチにする
それだけです。

 

厳しい方もおられますが
優しい人も多いので
怖がらずに話してみてね♪

 

何かご質問がありましたら
わかる範囲でお答えしまーす
分らんかったら、調べます(笑)

 

こちらからお気軽にどうぞ

 

これを書いてる人
userimg
宇宙系ボディーセラピスト・坪内薫
心と身体をつなげてパフォーマンスアップをサポートする専門家
アンフォールディング ボディワーカー/1975年7月京都生まれ、京都在住

独身時代はスピリチュアルとは関係のない会社員をしていたが、出産を機に興味のあった占いやヒーリングサービスの世界へ、2012年より多くの女性へお悩み解決のお手伝いをしてきた。近年は心と身体をつなげパフォーマンスをアップを主軸とするボーディータッチサポートに特化し、各地へ遠征しパフォーマンスアップのお手伝いをしている。

実は、占いやヒーリングを提供していた時に悩んでいました。相談者様の気持ちに寄り添いアドバイスをしても、占いの好転反応が出ることがあった。 本当に良いものなら好転反応も無ければ良いのに・・・。 そんな疑問を持って活動していたのですが、そんな時に寺嶋康弘先生のUnfolding Bodywork(アンフォールディングボディワーク)に出会い。 心と身体は繋がっているんだ!!と再確認。師事を仰ぎボディワーカーとなる。

今までの占いやヒーリングは、どうしても心(気持ち)のサポートが中心になってくる。 心だけ・身体だけの対応はどこかでズレが生じてしまう、しかし、このボディワークでは心と身体の声を聞き、両方のバランスを取ることでパフォーマンスのアップを実現している。

現在は経営者向けのボディワークに力を入れている。会社TOPのパフォーマンスが上がる事で、会社全体が好転する事が実証済み。 こちらからの信頼と尊重が、さらなるパフォーマンスアップに結びついている。京都でのサロンワークの他に、全国各地への出張も活発に活動中。

ボディワークを通じ各地のキーマンのパフォーマンスを上げる事で、地域を元気にし日本全体を元気にするのが夢。

趣味は着物と和太鼓と寺社仏閣巡り、美食探索、人間観察がライフワーク。
各地へ出かけ「変」なものを発見や撮影をして楽しんでいる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事