【Q&A】カードは何種類も使えた方がいいですか?

みえない世界と今をつなげる
天空のいやし人 坪内 薫です

 

カードについてご質問いただいたので
こちらでお返事させていただきます

 

【質問】カードはたくさん使えた方がいいですか?

周りでカードを使っている人は
何種類も持っているんですが私は1つしか持っていません。

 

今のものも上手く使えているか自信がないのに
増やすことは考えられないのですが
将来的に増やした方がいいのでしょうか?

 

【回答】数ではなく親密度が大切です。

ご質問ありがとうございます(^-^)

 

私自身もカードをたくさん持っていますし
プロとして活動されている方は数種類所持されてる方が多いのは事実です。

 

ですが、たくさんあるからといって
使いこなせているかというのは別なんです。

 

数種類所持するということは
今の自分に合うカードを選べるかどうか
そこも使用する時に影響が出てきます。

 

カードも保管状態がよくなければ
拗ねてしまうこともありますので
コレクションでなければ慎重になって大丈夫です。

 

どれだけ頻繁にカードと関わるかによって
受け取るメッセージの濃さや内容
受け取りやすさが変わってきますので
お持ちのカードをまめに使われることをお勧めします。

 

 

周りの評価と自分の基準は違いますから
情報に惑わされないようにしてください。

 

使いたいと思うカード
使いやすいと思うカードを
大切にされてくださいね。

 

補足

ほんとカードっていつでもどこでも
サクッと買えちゃいますし
新作どんどん出てくるし
気になるよね(笑)

 

私もね
新商品が目に入ると
やっぱり気になっちゃう♪

 

でも、今自分がどのカードを使うべきか
何の目的とテーマを持っているかを知ってるので
やみくもに手を出すことはなくなりました。

 

あったのよ、やみくもに手を出して
ものすごいカードだらけになってた時期も(苦笑)

 

でも、その経験があったから
カードの相性や癖、自分のパターンや傾向が
詳しく分析できたからよかったの
あまりお勧めしないけど。。

 

沢山持ってると
ものすごく使える人みたいに思えるけど
それはまた別問題だからね

 

1つ1つと丁寧に向き合うって
慣れるまでは大変よ~

 

拗ねちゃうし怒るからね
カードも

 

周りの評判や流行は気になっても
自分の感覚と目的を忘れないようにしてくださいね。

 

カードに関してのご質問などがあれば
お気軽にお問い合わせください。

 

このような形でブログ記事で
お返事させていただきます

 

 

 

おまちしてまーす♪

 

これを書いてる人
userimg
宇宙系ボディーセラピスト・坪内薫
心と身体をつなげてパフォーマンスアップをサポートする専門家
アンフォールディング ボディワーカー/1975年7月京都生まれ、京都在住

独身時代はスピリチュアルとは関係のない会社員をしていたが、出産を機に興味のあった占いやヒーリングサービスの世界へ、2012年より多くの女性へお悩み解決のお手伝いをしてきた。近年は心と身体をつなげパフォーマンスをアップを主軸とするボーディータッチサポートに特化し、各地へ遠征しパフォーマンスアップのお手伝いをしている。

実は、占いやヒーリングを提供していた時に悩んでいました。相談者様の気持ちに寄り添いアドバイスをしても、占いの好転反応が出ることがあった。 本当に良いものなら好転反応も無ければ良いのに・・・。 そんな疑問を持って活動していたのですが、そんな時に寺嶋康弘先生のUnfolding Bodywork(アンフォールディングボディワーク)に出会い。 心と身体は繋がっているんだ!!と再確認。師事を仰ぎボディワーカーとなる。

今までの占いやヒーリングは、どうしても心(気持ち)のサポートが中心になってくる。 心だけ・身体だけの対応はどこかでズレが生じてしまう、しかし、このボディワークでは心と身体の声を聞き、両方のバランスを取ることでパフォーマンスのアップを実現している。

現在は経営者向けのボディワークに力を入れている。会社TOPのパフォーマンスが上がる事で、会社全体が好転する事が実証済み。 こちらからの信頼と尊重が、さらなるパフォーマンスアップに結びついている。京都でのサロンワークの他に、全国各地への出張も活発に活動中。

ボディワークを通じ各地のキーマンのパフォーマンスを上げる事で、地域を元気にし日本全体を元気にするのが夢。

趣味は着物と和太鼓と寺社仏閣巡り、美食探索、人間観察がライフワーク。
各地へ出かけ「変」なものを発見や撮影をして楽しんでいる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事