【レポート】目標達成のプロセスを学ぶ講座レポ その1





スポンサーサイト

そう言えば文字魔女っていってました、坪内薫です。

 

頭の使い方、表現、言葉の持つ力について
興味力が半端ないワタクシ

 

楽しそうな講座に参加させていただいたレポだよ

 

参加したのは

目標達成のプロセスを学ぶ講座
~いつも意識したい大切な視点~

macchan1

レジュメの表紙

 

数学の先生から
数学苦手な私が学ぶという
チャレンジャーな私

 

さあ、どうなることやら

 

 

松岡学先生って?

この講座を開催されてのが
大学で数学教えておられる
松岡学先生、通称まっちゃん♪

 

現在は滋賀県の大学で数学を教えておられます。
心理学を学ぶために東京まで通われるという
好きなモノにはとことん派

 

堅苦しくなく人当たりもよい
まっちゃんだからと沢山の方に慕われてはります。

 

Facebookでは仲良くしていただいていたものの
リアル対面は初めて。

 

そんな先生が
数学苦手女子たちに
どう教えてくれはるんでしょうか(笑)

 

では、スタート♪

 

 

第1部:数学

クリアリングからスタート

まずは自己紹介なんだけども
あだ名を決めて、それで呼び合うことに。

 

パセリン・エビちゃん・きみちゃん・りゅうちゃん・まっちゃん
なんか既に楽しい(笑)
縦ではなく横につながる
というところに心理学的いみがあるんだって。

 

でね、そのあと始まるのかと思いきや
クリアリングをするとのこと。

macchan2

まっちゃんも楽しそう~

 

・クリアリングとは
ここでのクリアリングとは
講座と自分を同調させるっていうか
頭の中で気になってることをクリアにして
今に集中できるようにしましょうってもの。

 

実際にやってみて、
え、それだけでってことなのに
頭がすっきりしててビックリ。
これ、自分でもやろうと思った(笑)

 

せっかく受けてても気が散ってたら
集中できないもんね~
鍵閉めてきたかなとか、昨日ケンカしたけどとか(笑)

 

では、スタート~

 

主観と客観の使い方

主観と客観

・主観とは

自分一人のものの見かた・感じ方ってことんだけど
人の数と同じだけ物差しがあるってことだと認識。

 

同じものを見ても違う定規で測れば
値も変われば感じ方も違う。
違って当然が主観ね。

 

・客観とは

基準が整っている
誰しもが同じ物差しで判断すること

 

だから誰が見ても誰が聞いても
共通の認識ができ自分に合う正しい判断ができるのが客観ってこと。

 

・見るべきは事実のみ

すごいとか暑いって人によって基準がちがうよね
うちは夫が暑がりで私が寒がり、私と彼の暑いは違う。

 

それよりも外気は31度だという事の方が
暑いと感じる理由がわかる。

 

ちょっと暑めの31度とか
ひんやりした31度とかないわけで
あるのは31度という気温、その事実だけなの。

 

人って事実を受け取めると
判断ができて行動にうつせる。
逆に感情が揺れると
迷ってしまうし行動できない。

 

それはそれ、これはこれじゃないけど
ただ目の前に起きている現実・事実を受け止める事が大事ってことだ~

 

話すと聞くに集中する

っていうのを参加者で
ただ聞く人、ただ話す人という役に分かれて練習しました。

 

聞いてるとね、口挟みたくなるのよ(笑)
でも黙って聞く、それが受け取るという練習。

 

話してる方も、間が空いてもまとまってなくても
ただ話し続けるだけで徐々に頭が整理されてね
自分で頭をまとめる練習らしい。
結構ムズムズ堪える感じ、
そんだけ普段ちゃんと聞けてないってことか~
リアクションを意識して話し方を変えてるってことか~
普段の自分に気付けたワークでしたよ。

 

・内在化ってなんだ?

ただ聞いているという作業の中で
なぜか引っかかる単語や語彙があったの。

 

それって潜在意識で気になってることらしい
それを内在化っていうんだって。

 

そうよね、人って自分に関係ないことは
気にならないんだもの、潜在意識レベルでもそうなのかー

 

なんで気になったのかを掘り下げることが
自分の中に今あるテーマや問題を解く鍵ってことね
これから気になる言葉をメモしていく癖をつけよっと。

 

苦手な問題が初めて解けた!

突然出てきた論理問題( ̄▽ ̄)
数学苦手です、つるかめ算でくじけましたみたいなワタシ

 

主観と客観を知ったうえでこの問題が
いったいどう関係あるのかさっぱりわからないまま
脳みそが拒絶反応を示しながらもせっかくだからと取り組むと・・・

 

と、と、解けた!!!

 

初めてだ、こういうの解けたの。

この4人の中のうそつきは誰ですかみたいな問題
ほんとほーんとに大嫌いで苦手でした。

 

ただシンプルに事実を事実として受け止める
それだけで解けちゃうんだ、なんか数学の認識変わりそう。

 

 

・感想

いかに普段自分が主観で物事を判断し
感情によって物事を歪んでみていたのかってことがわかったですよ。

 

事実ってシンプルに目の前にあるだけなのに
いや、でも、だって、例えば、あの時みたいに
思いや記憶、事例や知識がそのまま受け取ることを警戒しちゃうんだろうね。

 

感情を否定しなくていいんだけど
主観はもちろんあっていいんだけど
それはそれ、これはこれ。
しっかり線を引くと楽になるなってわかったの。

 

苦手な問題が解けるくらいだから
勝手に解けなくしてたのは自分なんだよね~

 

主観と客観はわかってたつもりであったけど
目からうろこがボロボロ、頭スッキリ♪

 

まだ1部ってのがすごいな・・・
全部で3部あるんだけれど
長くなるのでいったんここまで。

 

スポンサーリンク


宇宙的自分で今を生きる

初回から体感できるトラブルの解放と驚きの変化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇宙系巫女、坪内薫です。みえない世界に関わり悩んでいる人が本来の使命に気付き本質で生きていけるようになるための案内を宇宙と神様に繋がり、カードを使ったメッセージやヒーリングでサポートしています。趣味はドライブ、旅行、パン作りとおしゃべりと妄想。プライベートではB'zとダウンタウンが大好きな主人、7歳の娘と3歳の双子の息子とにぎやかに京都で暮らしています。https://moji-majyo.com/