初めて〇を意識した日

みえない世界とあなたを言葉で繋ぐ
京都の巫女的翻訳家 坪内薫です。

 

22年前の1/17を思い出しつつ
今の気持ちを書き流したいと思います

 

22年前なのねぇ
ずいぶんと大人になったもんだ(笑)

 

当時は短大2回生
卒業のための論文を書いてる時期で
なにについて書いたのかは、忘れましたすっかり(´▽`)

 

実家が電車で1時間ほどで帰れる場所に
1人暮らしをしていたので週末や連休にはよく戻っていたの

 

決して居心地はよくない家だったけど、いろんな意味で。
それでも両親に会いたかった、寂しかったんだろうね。

 

土曜に戻り、成人の日が日曜日で振替で月曜が休み
火曜日直接学校に行く予定だった

 

毎夜毎夜寝る時間を削ってレポートに取り組み
(よっぽど効率悪かったかギリギリまでやらなかったか笑)
眠くて眠くてたまらなくて

 

やっと眠れる~
肉体も精神もくたくたで
動くことができない状態の5時46分に

 

下からつきあがる衝動にベットから浮いた
驚きが隠せず眠い目をこすっていたら
横揺れが始まり50センチ幅で滑る体

 

床にマットレスを置いた状態の部屋
掴まるところもなくただ揺れ続けて頭パニック

 

頭の方にパイプ製のラックがあって本や飾りが大量に置かれてた。
その中にでっかいガラスの置物と
写真立てがあることを思い出し

 

これ、落ちて来たら死ぬやん!!!

 

本気でそう思いパニック増
死なないよ、きっとそれくらいじゃ
でも揺れでギシギシ鳴る家と制御できない体で
冷静な判断なんてできる状態じゃなかったの。

 

どれぐらい揺れたかわからないけど
止まってから生きてることに安心した私は
なんとまた眠りについてしまった
根性太いわ(汗)

 

で、目覚めたのが8時半
リビングに行くとテレビがついてて
阪神高速道路が倒れてた

 

母親に『これ何?』
素で尋ねた。

 

母からは地震の被害が凄いと聞き
揺れていた自分は夢じゃなかったんだと
恐怖が戻り、気分が悪くなった。

 

母に家は大丈夫なのかといわれ
一気に目覚める

 

急いで身支度をして部屋に変えるための情報を集める
インターネット普及してなくてねこんなに
スマホもないし携帯電話とポケベル世代
テレビにかじりつくしかなかった

 

いつもの電車は動いてないらしい
違う電車とタクシーで帰ろう

 

レポートのこととかすっ飛んでた
ただ、部屋がありますようにと祈って
戻った先で見た景色は…

 

いつもと何も変わらない
鍵を開けて驚愕
ぐっちゃぐちゃだった。

 

ライフライン、ライフラインとテレビが叫ぶ
水とか買っとかないと、自然と焦る心。

 

原付バイクで近所の店を回るも
コンビニにもスーパーにも何もない
買占めが既に起きていた

 

ずいぶん遠くまで足を延ばして
バイクに乗るだけの水と食料を買い
われた食器を淡々と処分し片付けた

 

死亡者リストがテレビに流れる
友達がいたらどうしよう
オフにすることができなかった。

 

携帯やポケベルに電話しようにも
家の電話は繋がらない、公衆電話しかなくってね
すごい行列だったなぁ

 

学校で安否の確認をして
家でテレビをつけながら不安で涙し
レポートを書き続けるという暮らし
19歳の私には結構ハードだったね

 

ラッキーにも知り合いで不幸はなく友達も皆元気
レポートも無事に提出し卒業できました。

 

多少なりとも死というものを意識し
生きるという事に考えさせられたこの地震

 

絆の大切さを教えてくれたと思う
すっかりそんなこと忘れた人生を過ごしてしまったけれど。

 

大きな闇を光に変えた今
改めて生かされているという事を
受け止め考えてます。

 

今の自分に、これからの時間に
今何ができるのか

 

天災を防ぐことはできないし
なにでいつ死ぬかはわからないけど
大きな自信を体験したことからの学びは
自分の中で育んでいこうと思います。

 

ご冥福をお祈り申し上げます

 

 

これを書いてる人
userimg
宇宙系ボディーセラピスト・坪内薫
心と身体をつなげてパフォーマンスアップをサポートする専門家
アンフォールディング ボディワーカー/1975年7月京都生まれ、京都在住

独身時代はスピリチュアルとは関係のない会社員をしていたが、出産を機に興味のあった占いやヒーリングサービスの世界へ、2012年より多くの女性へお悩み解決のお手伝いをしてきた。近年は心と身体をつなげパフォーマンスをアップを主軸とするボーディータッチサポートに特化し、各地へ遠征しパフォーマンスアップのお手伝いをしている。

実は、占いやヒーリングを提供していた時に悩んでいました。相談者様の気持ちに寄り添いアドバイスをしても、占いの好転反応が出ることがあった。 本当に良いものなら好転反応も無ければ良いのに・・・。 そんな疑問を持って活動していたのですが、そんな時に寺嶋康弘先生のUnfolding Bodywork(アンフォールディングボディワーク)に出会い。 心と身体は繋がっているんだ!!と再確認。師事を仰ぎボディワーカーとなる。

今までの占いやヒーリングは、どうしても心(気持ち)のサポートが中心になってくる。 心だけ・身体だけの対応はどこかでズレが生じてしまう、しかし、このボディワークでは心と身体の声を聞き、両方のバランスを取ることでパフォーマンスのアップを実現している。

現在は経営者向けのボディワークに力を入れている。会社TOPのパフォーマンスが上がる事で、会社全体が好転する事が実証済み。 こちらからの信頼と尊重が、さらなるパフォーマンスアップに結びついている。京都でのサロンワークの他に、全国各地への出張も活発に活動中。

ボディワークを通じ各地のキーマンのパフォーマンスを上げる事で、地域を元気にし日本全体を元気にするのが夢。

趣味は着物と和太鼓と寺社仏閣巡り、美食探索、人間観察がライフワーク。
各地へ出かけ「変」なものを発見や撮影をして楽しんでいる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事