幸せになりたいという呪いからの抜け出し方

はい、どーも坪内薫です

 

 

誰かを幸せにしたい

その思いはだれにでもあると信じてます

 

幸せについて私が感じていることをつらつらと

 

幸せになりたい

 

 

ひょっとしたらこの思いが大きいかもしれへんね

 

 

そして
既に生まれたときから幸せだった
ということに気づいた人が思うこと

 

 

誰かを幸せにしたい

 

 

 

この思いがなんのよじれも歪みもなく
腹の底からわき起きているときは何の問題もないのね

 

 

ただ、ちょっとおかしいことがよく起きる

 

 

その一例をあげてみるね
名付けて不幸のループ

 

 

幸せになりたいはずなのに
あれ?って方には痛いかも

 

陥りやすい不幸のループ(一例)

幸せになりたい

そもそも論から言います。
「幸せになりたい」と思った時点で
「私は幸せではありません」と自分で決めていることに気づいてね

 

幸せだと感じていたら
幸せになりたいなんて思わない

 

そもそも幸せになりたい理由もわからずに
幸せになってたら私の人生輝くはずみたいな
周りからの刷り込みによってスタートした幸せ願望は
残念なことに転落するしかないのです…

 

 

修行の始まり

日本人は特に、修行体質です。

 

・頑張った先に成功がある

 

・苦労したらうまくいく

 

 

気質というかそういう流れがあるので
生まれてしまう思考があるねん

 

・頑張らずに成功するのは悪いこと

 

・苦しみを味合わずに得たものは偽物

 

いやいや、ちょいまてと
今の私なら突っ込めるんだけど
上手くいくという最終目的を達成できるなら
楽なほうがいいし苦労なんてないほうがいいやん、普通。

 

でも、辛いことがないと得てはいけない秘宝みたいになっちゃうんだよね
これは日本人の気質として仕方ない部分もある
でも、ほんとは楽できたほうがよくない?

 

なので生まれる発想がこれ

 

苦しみの先にしか幸せはないんだ!

 

いま幸せじゃないのは頑張りが足りないからなんだ!

 

 

 

えーー
それって不幸(-_-;)

 

だれにも言われてないのよ
けど自分でそう思い込んで決めてしまう
もっともっと頑張らないとってね

 

ノンストップ勘違い

もっと頑張らないとから生まれる発想はノンストップ

 

・今の状態を幸せだと感じてはいけない

・幸せになれない自分はダメ人間

・感謝されない人は人間失格

・役に立てない私はあかんひと

 

 

これだけでも十分恐ろしい自己呪いなんだけど

 

これが発展するともっと恐ろしいものが

 

私なんて居ていいんだろうか

私は生きていていいんだろうか

 

 

こっっっわっっっ

 

これ全部自分でかけてる呪いよ
呪いにかかってる時って人の声が入らなくてね
何を言われても最終的に悪い解釈しかできひんの

 

適切な距離で接してくれる専門家にかかわってたら
話は変わってくるんだけれどね

 

なまじ友達に相談したところで沼が深まるだけ

 

自分軸喪失

生きてていいんだろうか

そう思ったときにはもうすでに幸せになりたかったことさえ忘れてる

 

だって自分は幸せになったらいけないんだって
呪いによって決めてしまったから。

 

 

そうなるともう自分が一体何なのか
何をしていいのかなんのために生きてるのかみえなくなる

 

このころには心身に支障をきたしていることがほとんど
日常生活もつらくて薬を飲んでいる人も多いとおもう

 

不幸のループからの抜け出し方(一例)

かつての私がそうでした

 

この世に生まれてきたことを間違いだったと思う幼少期
安全に生きる場所がないと怯えて過ごす少女期
自分を傷つけることで生存確認していた青春期
感情を捨てたことによって傷つく現実を引き寄せる成人期
エンストしながら必死で立ち上がりつつも死ぬことを考えていた20代
精神分裂を起こしていた30代手前

 

 

幸せになりたいなんて思った記憶がもうない(笑)
安全な場所がほしい、安心して生きたいそれのほうが強かったから

 

病院にも通ったし入院もしたし
救急車で運ばれたこともあった

 

薬だらけの日々やったし
常に意識もうろうやった時もある(副作用)

 

海外から安定剤を取り寄せたり
たくさん飲んで倒れたこともある(マネしないで)

 

こう見えてぎりぎりの生き方をしてきました
身体を雑に扱ってもきましたし

 

 

私の人生を変えたのは
私のすべてを受け入れてくれた主人に出会ってからでした

 

人生初!
わたしを否定しない人!!

 

 

貴重!めっちゃ貴重!
そりゃ大事にする!!(笑)

 

 

初めて安心を体感してから
徐々にほぐれていったんです

 

呪いから解き放されて行きました
かなり専門家の力をお借りしてですけど

 

ちなみに旦那さんはスピってません
否定はしないけど興味もない人です

 

私が私自身を否定していたことが
ループから抜けられない最大の原因だったと判明

 

ループから抜けるためには
幸せになるために頑張ることではなくて
誰かのために犠牲になることでもすり減らすことでもなくて

 

私は生きているという
事実を受け止めること

 

 

幸せという妄想におぼれないで欲しい
あなたの望む幸せになったとしても
何も変わらない

 

自分を否定するなとか
責めるなとかいきなりは難しい

 

だから私がおススメしたいことを紹介します

 

 

自分の体を触ってください
丁寧にゆっくり撫でてください

 

 

これは髪の毛よね
黒くて艶があるけど枝毛もあるのね

 

ここは腕、ここは肘
指は少し長くてお気に入り
太いから指輪のサイズに苦労するけどね

 

ここが足、太もも細くならないかなー
この足があるから立ってるのか―
靴のサイズには困るけどしっかり立てるってことなのかも

 

 

そんなレベルからでいいです
あなたの意識を体に向けるだけでいい

 

それはあなたが自分の身体を受け入れるためのプロセス
ここに私がいるって感じるためのスタート

 

 

大切なことはとてもシンプルなんだよ

 

 

◇おしらせ◇

あなたの身体が何を感じているか気になりませんか?

身体の声を知ることであなたの意識が変わります
現実も共に動き始めます

 

もうすぐリリース
お待ちください

 

まずは体験版をお試しください
チャリティー企画としてやってます

 

定員になったら締め切ります
正規版の半額以下で試してもらえる機会はこれが最後です

 

ゆっくりお返事しますので
お急ぎでない方に

 

よろしくお願いします

これを書いてる人
userimg
宇宙系ボディーセラピスト・坪内薫
心と身体をつなげてパフォーマンスアップをサポートする専門家
アンフォールディング ボディワーカー/1975年7月京都生まれ、京都在住

独身時代はスピリチュアルとは関係のない会社員をしていたが、出産を機に興味のあった占いやヒーリングサービスの世界へ、2012年より多くの女性へお悩み解決のお手伝いをしてきた。近年は心と身体をつなげパフォーマンスをアップを主軸とするボーディータッチサポートに特化し、各地へ遠征しパフォーマンスアップのお手伝いをしている。

実は、占いやヒーリングを提供していた時に悩んでいました。相談者様の気持ちに寄り添いアドバイスをしても、占いの好転反応が出ることがあった。 本当に良いものなら好転反応も無ければ良いのに・・・。 そんな疑問を持って活動していたのですが、そんな時に寺嶋康弘先生のUnfolding Bodywork(アンフォールディングボディワーク)に出会い。 心と身体は繋がっているんだ!!と再確認。師事を仰ぎボディワーカーとなる。

今までの占いやヒーリングは、どうしても心(気持ち)のサポートが中心になってくる。 心だけ・身体だけの対応はどこかでズレが生じてしまう、しかし、このボディワークでは心と身体の声を聞き、両方のバランスを取ることでパフォーマンスのアップを実現している。

現在は経営者向けのボディワークに力を入れている。会社TOPのパフォーマンスが上がる事で、会社全体が好転する事が実証済み。 こちらからの信頼と尊重が、さらなるパフォーマンスアップに結びついている。京都でのサロンワークの他に、全国各地への出張も活発に活動中。

ボディワークを通じ各地のキーマンのパフォーマンスを上げる事で、地域を元気にし日本全体を元気にするのが夢。

趣味は着物と和太鼓と寺社仏閣巡り、美食探索、人間観察がライフワーク。
各地へ出かけ「変」なものを発見や撮影をして楽しんでいる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事