これを書いてる人
userimg
百色の龍導師・坪内薫
施術の時には浄化龍、執筆の時には文豪龍、料理の時には美食龍などと、天空を漂う数々のドラゴンたちを自分の用途に合わせて召喚できる京都は嵐山の龍使い。もちろん自分だけでなく依頼があった時には自らの顧客にも龍を降ろすが、彼氏ができない人に相愛龍をつけたりはせず、むしろ真逆の戦闘龍をつけるなど別の方向に救いを見出しては、こっそりとそれを楽しむ天邪鬼。色々な意味でオイシイ状況を好むため、反対の「スベる」意味を持つバナナが嫌い。間違えてバナナマフィンを食べてしまうとどんな人でもスベり散らかす潤滑龍しか呼べなくなってしまうので要注意。

旦那さんと3人の子供たち、そして関ジャニ∞の大倉君とB'zがパッションの源。

こんばんは、坪内薫です。

 

急に会話を振られてすぐに答えられず

『ん――――――』

『え―――――っと』

となって、自分だけなんか波に乗れてない
そう感じたことはないですか?

会話が終わって、言いたいことが言えなかった
いつもモヤモヤを残していませんか?

そんな方がどうすればうまく即答できるようになるか
わたしなりに考察してみました!

なんですぐに答えられないのか?

話を聞いてない、ここだと思うな。

イイとか悪いというよりも

自分の世界に入ってたり
違うことを考えてたり
頭がリラックスしていると

急に振られて驚くわけよ。
頭がね。

授業中になんかしてて
急に先生にあてられたみたいな感じ。

必死に考えようとするんだけど
前後をつなげようにも情報が無いから
アタアタ、オロオロしちゃうわけ。

 

上手く返せなかった時の状況を思い出してみてね。

思い当たったことがあれば、そこを気にしてみてね♪

ちゃんと聞いてるけど、出てこないもん!

ってあなたは、この先を読んでみて~

言葉がすぐに出てくるための考え方

とはいえ、いつでも周りに意識を配ってるのもしんどいし(笑)

いや、まぁ、そういう時も必要だけれど。

どこからつつかれても
頭の引き出しがすぐに開くように
柔らかくしておくってのはどうだろう。

反射のイメージね。

となるとだ・・・

そもそも自分がどんな引き出しがあるのか
知っておく必要があるよね。

そして、その引き出しの中がどうなってるのかも。
ついでに、出し入れの固さもチェック。

 

答えられない、出てこないのは
自分の中にないんじゃなくって

どこを開けるかがわからない
 
どこにあるかがわからない

ってことかもよ?

自分を知れば言葉が出てくる

紙にね

  • 好きなこと
  • 嫌いなこと
  • 苦手なこと
  • 嬉しいこと
  • 大好きなもの

を、書いてみる。

たぶんね、すぐに出てこない。
その引き出しを使ってないから。
どこにあるかがわかんないから。

自分の好きなことや嫌いなことくらい
わかってるわーーーって思うでしょ?

でも、書こうとすると出てこない。

 

引き出しの中はワンダーランド

 

イメージがいっぱい詰まってて、
映像がいっぱい入ってるんだけど
それが文字にならないんだろうね。

 

何となくなイメージを
文字にしてみる、言葉にしてみる
それは自分を知ることにもなるし
頭を柔らかくすることにもなるから
ちょっと手間だけど試してみてね。

話のパターンを考える

人との会話って
難しい討論とかは別として…

だいたい話すこと
一緒じゃない?

  • 好きなこと
  • 気になること
  • 嫌なこと
  • 嬉しかったこと
  • 好きなもの

これってさっき
自分を知るために紙に書いてみるで
出てきたことと、マル被り(笑)

これに限らず、自分の周りでよく話されていることについて
自分はどう感じていて、どう思ってるのかを
頭の中で言葉で考え解くといいよね。

急に振られても、すぐに引き出しがわかれば
「あ、それね」って話せるはず~

まとめ

知ってるようで、わかってるようで
一番近くにいるはずなのに分かってない自分の頭の中。

引き出しを意識して、文字化してみると
いっぱい開いちゃうかも。

自分で自分を知ってることが
伝え上手、返し上手になるポイント。

 

なんかうまく言えなかったなーで終わりにしないで
なんでモヤモヤしたのか、言葉にならなかったのか
そこをしっかり考えてみると次から変わっていくかもよ?


 

最後まで読んでくれて、ありがとー

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事