テイクアウトドラゴン その3

新たにやってきた龍の話

メルマガに書いたこと転載します

これはその3

楽しんでいただけてるようで嬉しいです
龍の話 第3回目

興味のない方は文末まで
ぶっ飛ばしてくださいませ

坪内 薫です。

 

・振り返り・
貴船神社に行って
お帰りといわれ何かがぶつかり

 

龍とご縁くださいと言ったら
だれかに超ガン見され
ほんまか?と確認され

 

ぶつかったなにかが
ルークの進化形であったと
帰ってきたよ!みたいなとこで
終わってました。
さて、続き。

 
元ルークくん、
私の中に住んでます

 
白かったルークは
現在黄色の龍さんに

 

見た目も違うのに
サイズも雰囲気も違うのに
(イメージです)
同じ名前はいかがなものか?!
って考えて、聞いてみた。
私:ルーク―

 

黄:・・・・

 

私:ルークはいやなん?
黄:だってちゃうもん
私:だよねー

 

そういうことで名前を考える
ルークの時はすぐ決まったのに
何日も決まらないピンと来ない
お互いに。

 

私:なんかイイのない?
黄:うーん

 
こんな感じでちっともでね

 

ルークからの手紙を思い出した
(ご縁紡ぎでもらったのです)

 

薫はパイプ
中を広げて繋ぐんだ
(超省略してます 笑)

 

繋ぐ・ご縁・結ぶ・恋愛・連絡・錬・蓮

 
私:れんくーん

 

黄:ん?

 

私:れんくんってどうよ?

 

黄:いーよー
って感じで

 

【れん君】に決定。

 
まぁ最初は
覚えられなくて
(ルークの意識が強いから)

 
るー、 れ、れ、、、、れん君?
みたいな感じ(笑)

 

名前も決まったとはいえ
進化しているとはいえ
れん君のことはよく知らない。

 
超、手探りの日々
まだ、そんな感じ。

 

 
と、ある日
れん君が来る前に
やると決めていた黄龍ヒーリングについて
頭の中でイメージを膨らませてたら・・・

 
れん君、、、あなた
黄色じゃないの―――!

 

(気付くの遅い)

 

 

 

そして前に描いてもらった
ルークの絵を見たら
金色で書いてある!!!

(黄色の龍は金色になるって読んだとこ)

 

 

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

ひとり大パニック

 
なんだなんだ
ルークの頃から
金色(黄色)になるって
かんちゃん分かってたのか!?!?
(↑絵をかいてくれた方)

 
更にパニック

 
そんな母を見て
双子大騒ぎ(笑)

 

 

なんか決まってたみたいです
今までのすべてが。

 

 

どこからそれが始まってたのか
それを考えると背中がぞくっと

 

 

そして誰かがニヤッと

(゚Д゚;)

 

続く

これを書いてる人
userimg
宇宙系ボディーセラピスト・坪内薫
心と身体をつなげてパフォーマンスアップをサポートする専門家
アンフォールディング ボディワーカー/1975年7月京都生まれ、京都在住

独身時代はスピリチュアルとは関係のない会社員をしていたが、出産を機に興味のあった占いやヒーリングサービスの世界へ、2012年より多くの女性へお悩み解決のお手伝いをしてきた。近年は心と身体をつなげパフォーマンスをアップを主軸とするボーディータッチサポートに特化し、各地へ遠征しパフォーマンスアップのお手伝いをしている。

実は、占いやヒーリングを提供していた時に悩んでいました。相談者様の気持ちに寄り添いアドバイスをしても、占いの好転反応が出ることがあった。 本当に良いものなら好転反応も無ければ良いのに・・・。 そんな疑問を持って活動していたのですが、そんな時に寺嶋康弘先生のUnfolding Bodywork(アンフォールディングボディワーク)に出会い。 心と身体は繋がっているんだ!!と再確認。師事を仰ぎボディワーカーとなる。

今までの占いやヒーリングは、どうしても心(気持ち)のサポートが中心になってくる。 心だけ・身体だけの対応はどこかでズレが生じてしまう、しかし、このボディワークでは心と身体の声を聞き、両方のバランスを取ることでパフォーマンスのアップを実現している。

現在は経営者向けのボディワークに力を入れている。会社TOPのパフォーマンスが上がる事で、会社全体が好転する事が実証済み。 こちらからの信頼と尊重が、さらなるパフォーマンスアップに結びついている。京都でのサロンワークの他に、全国各地への出張も活発に活動中。

ボディワークを通じ各地のキーマンのパフォーマンスを上げる事で、地域を元気にし日本全体を元気にするのが夢。

趣味は着物と和太鼓と寺社仏閣巡り、美食探索、人間観察がライフワーク。
各地へ出かけ「変」なものを発見や撮影をして楽しんでいる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事