これを書いてる人
userimg
百色の龍導師・坪内薫
施術の時には浄化龍、執筆の時には文豪龍、料理の時には美食龍などと、天空を漂う数々のドラゴンたちを自分の用途に合わせて召喚できる京都は嵐山の龍使い。もちろん自分だけでなく依頼があった時には自らの顧客にも龍を降ろすが、彼氏ができない人に相愛龍をつけたりはせず、むしろ真逆の戦闘龍をつけるなど別の方向に救いを見出しては、こっそりとそれを楽しむ天邪鬼。色々な意味でオイシイ状況を好むため、反対の「スベる」意味を持つバナナが嫌い。間違えてバナナマフィンを食べてしまうとどんな人でもスベり散らかす潤滑龍しか呼べなくなってしまうので要注意。

旦那さんと3人の子供たち、そして関ジャニ∞の大倉君とB'zがパッションの源。

はい、どーも宇宙系巫女の坪内薫です。

 

今日お届けしたメルマガ【Space dayz】の内容を
こちらにも転記します

 

時期もんなのでっていうのと
プレゼントもあるので是非チェックしてね♪

 

メルマガの内容とほぼ同じやから
既に読んだ方は違う記事読んどいて(笑)

 

↓ ここから ↓

 

おはようございます

坪内 薫です。

 

 

久々に夢の途中で目覚めて

もっそい気分が悪い朝

 

 

いつも覚えてないのでね

ご機嫌でいられるんだけど

 

 

そして大倉君とデートしてる夢なら

浮かれておかしくなってるやろけど

そうはいかんかった(苦笑)

 

 

今月あれこれバタバタしてて

昨日も今日も仕事で

全くクリスマスっ気のない私

 

 

それでもおかーさんなので

子供たちのためにぱーちーをせんといかんくて

テンション上げるために関ジャニの歌きいてます(笑)

 

 

夢で凹んでマイナススタートやけど

夜までにはどーにかなるでしょう(逃避)

 

 

クリスマスといえば

サンタさんなわけなんやけど

大人になるまで信じておりました

というか今でもいると思ってる、てかいるし

 

 

でね

サンタさんについて考えてみた

みんなファンタジーから成長とともに抜け出すのに

私はその感覚を失わなかったのか

 

 

しばらく考えて

出てきた答えがとてもシンプルで

あまりにもあたりまえに納得できたのよ

 

 

それはね

サンタ=太陽=神

みたいな図式

 

 

いつもいい子にしてるか見てくれてるって感覚が

猛烈に強かった私

 

 

いつも遠くでみてくれてるもの

私にとっておひさまみたいな感覚

 

 

そんでおひさまって

天照大神の象徴なんだけど

生きるということをつかさどる源

 

 

お日様みたいなサンタさんって

もうね、私の中で神になったらしい(笑)

 

 

正確には信仰なので

神様ではないんだろうけど

にたよーなもんだわ

 

 

だから誰が何を言おうと

私の中のイメージが変わらず

今でもずっとそうであり続けてる

 

 

大好きな人のことを

誰にディスられようと

言いたいやつは言うておけって思うやん?

 

 

そこにあるのは私の中にある

大好きっていう気持ちが強いから

揺らぐこともなくブレないわけ

 

 

言われてブレるようなら

結局その程度ってことなんだよ

 

 

なにが言いたいって

私の信心深さが神ってるってことではなく(苦笑)

 

 

好きなもんはずっと好きでいい

 

 

それが自分を信じる

第一歩ではないかと

 

 

まぁ、うなされた後に

こんなこと書ける私のハートも

だいぶ頑丈やなと撫でまわしておくことにします(笑)

 

 

あなたのすきを

大切にする一日にしてみてください

 

私はいつもより大倉君を(こら

子供たちを愛でる日にします

 

 

いつもより

いい気分で過ごせると思います♪

 

 

ほな、また

 

宇宙系巫女

坪内 薫

 

P.S.

カオルサンタからのプレゼント

何人に当たるかまだ決めてないという緩い枠ですが

ええもんですわ、ふふふ

https://www.reservestock.jp/inquiry/26525

 

↑ 締め切りは26日付のものまで ↑

 

 

↑ ここまで ↑

 

 

こんな感じでいつもメルマガ書いてて
プレゼントも読者さんだけやったりするんやけど
クリスマスくらい盛大にいっとこかいな感じでみなさまもどーぞ♡

 

 

 

メルマガの購読はこちらからできますねん
年末とかお正月はええことあるかもね~(知らんけど

 

 

まってんなー♪

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事