強い自分になるためにどうしたらいいのか?

日々を繰り返すことが大変
当たり前のことが辛い

 

周りができていることができない自分を責めることって
しんどいんですよね。

 

どうやったらもっと強くなれるのか
安定した自分になれるのか

 

自分の在り方以外に
これあったら強くなるよという話。

 

自分を強くするために必要なもの

強さの角度を変えてみる

強くなりたいって言葉はよく使うけれど
具体的にイメージがまとまってる方は少なくて。

 

なんか、負けない感じ
もっと、タフな感じ

 

なんとなくつかめるけど
それだと目指せないんです。

 

具体的にどこをどうすればいいのかがわからないものは
指示が出せないし計画もできない。

 

だから
強さという言葉を角度を変えてみると

 

 

強度

 

という捉え方ができます。

 

 

 

喧嘩に強くなりたいわけでも
パワフルになりたいわけでもない
ただもっとしんどさを減らしたいというときに

 

一番必要なのは強度
自分自身を保つために必要な枠組みや土台

 

そう思ったときに
頭で考えても解決しないんだなって
ちょっと何となく感じられると思うんです。

 

土台は築かないと安定しないし
枠組みも作らないと情弱なまま

 

つまり

 

行動

 

 

が強度を上げるために必要だということです。

 

 

 

強さを感じられる感覚

強さを感じるイメージとして
強度という土台や枠組みを作る行動をすることだとお伝えしました。

 

土台や枠組みができて
強度が上がったとしても
体感的に強くなったと感じるには
一歩足りないのです。

 

土台の上や
枠の中がからっぽだと
虚無感であふれ満たされません。

 

中に何を入れるのか
その上に何を設置するのかというと

 

 

自信

 

 

なんです。

 

 

自信がないから
強くないなんてわかってる!

 

 

って思われるかもしれませんが
自信にも種類があるので続きを見てください。

 

 

自信にもいろいろあって

 

・自己受容

・自己愛

・自己信頼

・自己存在

 

これらを得るための自信は
少しずつ気配が違います。

 

今強度を上げるために必要なのは
自己信頼

 

できた!

 

できる!

 

という成功体験と実績です。

 

 

行動が必要だといいました
その行動によってもたらされた成果や結果から
次の展開に導き進んでいくことが自信になります。

 

うまくいってもいかなくても
どうにかできる自分であるという事を受け止めるためには

 

 

見える形の数字やモノが
とても効果的。

 

 

なので
自分ができるという事を
感じられる行動を探すといいのです。

 

 

日常でも仕事でもないやりがいが必要

そんなこといわれても
日々が精いっぱい、しんどいと言うてるのに…

 

と感じられるかもしれません。

 

ですが、
大切なのはその行動を
どのカテゴリーで行うかということ。

 

 

日常や、仕事、生きるための行動で
そこの自信を得るのはけっこう大変。

 

周りの関りや環境が
大きく響いてきますから
自分でどうにかできないことが多いのです。

 

じゃ
どうしたらいいのかというと

 

日常でも仕事でもない
自分の世界の中のできた!を積むこと。

 

 

具体的にいうと

 

・趣味

・萌え

・推し

 

 

これら色を持った矢印を
グイッと行動にした先に
自分最高!と思える成果が出やすいのです。

 

 

料理を作ればごはんができて
モノを作れば形になって
推し活すれば絶頂が湧きます

 

 

生活や仕事ではないからこそ
後回しにされがちですが

 

 

自分の世界でどうにかできる領域だからこそ
失敗や挫折が少ないともいえるんです。

 

熱中できることがあるということは
自分の中に筋の通った矢印が存在するということ。

 

 

見える形の成果
体感できる変化で得た自信から来る強度

+

自分の中の矢印があるということで
周りになびきにくくなる強度

 

これが
あなたを強くするための近道となります。

 

 

強くなるために
自分の中に熱風を吹かせておくと
身体にも変化が起き介入されにくく奪われにくい状態となるのです。

 

 

もし
もっと強くなりたいと感じるのであれば
夢中になれることを作って動いてみてください。

 

しっくりくるまで
何度でもトライすればいいんです。

 

生きる為ではない活動は
人生を豊かにする鍵

 

すべてが解決するわけではありませんが
求めるレベルには近づけます。

 

ぜひオレの活動に
熱くなってくださいね。

 

以上、かおるーんでした。

 

 

 

 

 

 

これを書いてる人
userimg
宇宙調律師・坪内薫(かおるーん)
心と身体をつなげてパフォーマンスアップをサポートする専門家
アンフォールディング ボディワーカー/1975年7月京都生まれ、京都在住

独身時代はスピリチュアルとは関係のない会社員をしていたが、出産を機に興味のあった占いやヒーリングサービスの世界へ、2012年より多くの女性へお悩み解決のお手伝いをしてきた。近年は心と身体をつなげパフォーマンスをアップを主軸とするボーディータッチサポートに特化し、各地へ遠征しパフォーマンスアップのお手伝いをしている。

実は、占いやヒーリングを提供していた時に悩んでいました。相談者様の気持ちに寄り添いアドバイスをしても、占いの好転反応が出ることがあった。 本当に良いものなら好転反応も無ければ良いのに・・・。 そんな疑問を持って活動していたのですが、そんな時に寺嶋康弘先生のUnfolding Bodywork(アンフォールディングボディワーク)に出会い。 心と身体は繋がっているんだ!!と再確認。師事を仰ぎボディワーカーとなる。

今までの占いやヒーリングは、どうしても心(気持ち)のサポートが中心になってくる。 心だけ・身体だけの対応はどこかでズレが生じてしまう、しかし、このボディワークでは心と身体の声を聞き、両方のバランスを取ることでパフォーマンスのアップを実現している。

現在は経営者向けのボディワークに力を入れている。会社TOPのパフォーマンスが上がる事で、会社全体が好転する事が実証済み。 こちらからの信頼と尊重が、さらなるパフォーマンスアップに結びついている。京都でのサロンワークの他に、全国各地への出張も活発に活動中。

ボディワークを通じ各地のキーマンのパフォーマンスを上げる事で、地域を元気にし日本全体を元気にするのが夢。

趣味は着物と和太鼓と寺社仏閣巡り、美食探索、人間観察がライフワーク。
各地へ出かけ「変」なものを発見や撮影をして楽しんでいる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事