PR
直観力を上げるために必要なこととは?
これを書いてる人
宇宙系巫女☆カオルー
みえる世界と見えない世界をつなげる宇宙系巫女。チーム見えないと体と心と魂の統合を行い、本来の自分らしさで生きていけるサポートをボディーワークと占い、セッションで行ってます。関ジャニ∞の大倉君が大好きな愛され妻、娘と双子男子と共に京都で面白く生きてます。

こんばんは、宇宙系巫女みこの坪内薫です。

 

直観力ってなにに役立つのか
どう使えばいいのかって案外みんなわかってない

 

実は、とってもシンプルで
身近なところにあるものだということと

 

その直観力をどうやったら伸ばしていけるのかについてまとめました

 

直観力

って

 

 

こんなイメージ在ると思うんですよ
ひらめきと勘のよさのまだずっと進んだところにある感じ

 

 

これはひらめき

 

 

なんかちょっと特殊技能っていうか
スピっぽい人が得意そうやん?(笑)
(私が言うのもなんやけど)

 

 

「直観力ある人すごーい」みたいな
そんな感覚のあなたに知ってほしいこと

 

 

直観力とは:
もれなく皆さんに備わってる感覚です

 

そうなん?!

 

直観力があるのかないのかって
認識できているか否かの差のみ

 

直観力無いわーーって思ってるあなた
ただ、認識できてないだけなんでござるよ

 

知らへんだけ―

 

 

 

じゃ、どうやったら認識できるようになって
伸ばしていけるようになるのかってことよね

 

まずその話に入る前に
ちょっと確認したいのが目的

 

目的:
直観力を高めると
いま必要な選択ができるようになる

 

 

ほんまかいな

 

 

直観力が高まってる状態って
電波の受信アンテナが伸びてるっていうこと

 

 

単純に屋根の上のアンテナより
東京タワーのほうがたくさん情報はいってくるよね

 

でも、でもやで
多すぎてパニくったらどうするん?っておもうやんか

 

 

その中から必要な電波に
チャンネルを合わせていけるかどうかってのまで含めて
使える直観力っていうんやと思うのよ

 

そのチャンネルの正確度が
とっても大事って思うでしょ?

 

・正確度が低い状態ってのが
なんとなくとか
勘ってやつ

 

・正確度が中くらいなのが
ピンときたってやつ

 

・正確度が高いのが
〇〇だから▽▽という理由があるやつ

 

なるほど!

 

じゃ、どうしたら上げていけるのか?
だよね

 

直観力(正確性)を上げるためには
検証するしかない!

 

検証して自分の癖やパターン
前提や得意な部分を確認して
フラットな状態を作れるようにすること

 

邪念よさらば

 

天性の感覚とかギフトじゃないの
やることやったらそこそこ行けます

 

あきらめずに自分自身に向き合い
確認して修正していくことで
直感力が上がります

 

その先にあるベストな選択のできる自分自身で生きていくために

 

 

 

とはいえ
1人で検証やるのってけっこう大変なので
誰かにひっぱってもらうのが一番です♪

 

ちなみにわたし
Facebookグループで
カードを使って直観力を上げようっていう会を主宰してます

 

お知らせやで

 

カードが好きで
日常生活で使わない感覚を使いながら
自分の可能性を高めてい期待方のためにやってまーす

 

本格始動したのが11/23からなのに
既に150人以上の直感トレーニングファンの方に楽しんでもらってます

 

 

興味があったら是非どうぞ

Facebookで
カードを使って直観力をあげてこ会にリクエストしてくださいね~

あ、無料です♡

 

まってんで♪

 

 

PR
関連キーワード
ブログの関連記事
  • なんだかみんなしんどそうなのでドカンとやってみた
  • 【カード占いのコツ】カードからメッセージを感じられず分からない時の対処法
  • メニューが無いのに占い師と名乗り、色んなカードを使うのかの謎に答える
  • そろそろ自分の価値や使命・天職がどうこうよりも大切な事に気付かないか?
  • 宇宙船プロジェクト始動中
  • 4歳児の箸について、双子男子の現状

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
なりたい自分が見つからない理由
ブログ
あんなこーと い~な でーきたーら い~な ドラえもんフォーエバー、坪内薫です。 こんなこと聞かれて困ったことない? 『どうなりたい?』 『...
自分を受け入れた先にあるもの
ブログ
あーーーー ねむたーーーい 睡魔に勝てない坪内薫です。 自分を受け入れる、自分で生きるというてますが それをした先に何があるのか? 何のため...