ライフチェンジヒーリング ~バランス~

タロットとかオラクルとか、一体何なんだって謎をシンプルに解決!

綺麗な絵柄のカードが大好きな、坪内薫です。

 

現世に継承されているもの
どんどん新作が生まれるもの
いろいろありますけーど

 

今回はカオスの中のカオス
タロットカードやオラクルカードについて
一体何なんだってことを解説しちゃう~

 

言葉の意味をチェックしよう

・タロット

タロット (Tarot)

タロット(Tarot)、あるいはタロットカード
遊戯や占い(タロット占い)などに使用されるカードのこと。

78枚1組がもっとも一般的で、その内訳は1から10までの数札、
4枚の人物札をスートとした4スート56枚の小アルカナと、
寓意画が描かれた22枚の大アルカナに分けられる。
日本では、小アルカナは大アルカナに比べ極端に認知度が低く、
一般語のタロットは大アルカナのみを指している場合が多い。

(ウィキペディアより)

 

いっぱい枚数があるのはわかった・・・
数札とかスートとかあ、アルカナ?って・・・

 

\(゜ロ\)(/ロ゜)/  ウワーーーー

 

って、なってた私(笑)

 

もう、大とか小とか
ノックに無用かしかしらんわみたいな(古っ)

 

この時点でハードルが高いって凄すぎ(笑)

 

・オラクル

オラクル (Oracle)

預言、神託、託宣。神の言葉。
または、それを受け取る人(預言者、シビュラ)、受け取る場所(神託所)。

古代ギリシアでは、デルポイのアポロン神殿の神託所、
およびその神殿の入り口に刻まれていた格言(通称「デルポイの神託」)が有名。

(ウィキペディアより)

 

god

yakob

使者

pray

祈り

 

 

 

こんなイメージかな(笑)

 

人間界じゃないとこの存在から
メッセージや言葉を受け取るっていう感じよね。

 

だからどうっていう事よりも、ただ受け取る。
優しいねぇ~

 

・カード

カード (card)

もともとは手札(てふだ)、「手に持てる大きさの厚手の紙片」のことで、
なんらかの情報を書き込み、情報交換・情報確認の道具として使うもの。

最近では紙・プラスチックや金属などでできたものがある。

(ウィキペディアより)

 

タロットやオラクルの情報が書かれているものがカード
どちらであれ、情報確認のツールであるってとこは共通なのね

 

何が違うの?

タロットは悪いこととや厳しいことが多くて
オラクルカードは優しい言葉が伝えてもらえるってググる検索すると
いっぱい書かれてるのね

それだけじゃよ-分らんよね(笑)
で、私なり解釈~

・タロットカード

宇宙や自然、過去や歴史を象徴した絵柄で表されている哲学と物語を
絵柄や数字・シンボル(マーク)によって表現されているもの。

 

問題提起(質問・悩み)に対してそのカードを使うことで
現状が起こった原因や背景などの気づいていない情報が得られ
解決方法やアドバイスを絵柄の配置や意味から読み解き提案することができるもの。

 

読み解きや意味を理解するのには
カードの意味や特徴、使い方を学ぶ必要がある。

 

分析重視型のカード

 

・オラクルカード

神や天使や象徴的なものが描かれ
メッセージや言葉が書かれているもの。

 

問題提起(質問・悩み)に対してそのカードを使うことで
現状をより良くするためのアドバイスと、受け取りやすくなるためのメッセージを
読んだり、感じ取ったりすることができる。

 

解説書が付いていることが多いので
専門的な学びは必要なく読み取りもわかりやすく
誰にでも扱いやすいとされているもの。

 

直感重視カード

 

 

特徴ってあるの?

・タロットカード

78枚で一組になっていて
V6のトニセンとカミセンのごとく
大アルカナと小アルカナというグループに分解できる。

 

カードの天地の向きが変わると意味が変わり
スプレッドというカードの置き方により
質問に対してベストな答えが出しやすくなるので
それについての学びや慣れが必要になってくる。

 

・オラクルカード

枚数は決まっておらず、サイズや形も様々。

 

カードの天地で意味が変わるものは少ない。
決まったルールはないが、アレンジをして使えるのがいいところ。
何種類か組み合わせる事で、より深く広いメッセージを受け取ることができる。

 

どこで買うの?

タロットもオラクルも種類やサイズが様々なので
専門店(ウェブサイト)やAmazonが選びやすいです。

 

書店により売っていたりもするので
手に取ってみたいという方は探してみてくださいね。

 

 

誰でもできるの?

・タロットカード

絵柄やシンボル、歴史的背景や意味を知っていないと
本来の意味全てを感じ取ることができない。

 

直感でも感じ取れるが
意味を理解していないと薄い意味合いになりがち。

 

誰でも学べばできるっていうわけでもなく
点と点が繋がりやすい人の方が向く。
1から10まで言われてわかるタイプは
ちょっと辛いかも。

 

・オラクルカード

言葉で書かれてるので覚える事は少なく
解説書があれば何もわからなくてもふんわりと理解できる。

 

 

使う人は選ばないけど
そのカードが気に入ってるかそうじゃないかで
ずいぶん感じることが変わってくる。

 

注意点

・相性がある

タロットの中のどれにするか
オラクルの中のどれにするか。

 

良いって言われたから選んだものより
気になって仕方ないと思って手に入れる方が
仲良く楽しめます。

 

・答えではない

読み取ったもの、感じ取ったもの、受け取ったものは
質問に対して、それがよりよくなるためのものであって
それをすればどうなるっていう答えではないのよね。

 

気に入らない答えをスルーするっていうのとも
気に入る答えが出るまで引き続けるっていうのとも違うけど
でた意味に絶対を感じないっていうのがすごく大事。

 

カードが安心を得るための依存になっちゃだめなのYO~

 

・正解はない

でたとおりにしないと何かが起こるってわけでもなくて
あくまでもその瞬間での話で合って永遠にそうってわけじゃない。

 

その時点から、時間は経つし経験も増えるし
考える事も意識も変わるよね。

 

決まった未来なんてないってこった~

 

まとめ

どんなに意味があろうが、奥深かろうが
あくまでもカードはツールの1つです。

 

あなたの人生をよりよく、問題をより良くするための
解決策や心を楽にするための言葉であって
どう受け取り、行動するかは
あなたが決めるしかないの。

 

当たった、外れたではなくて
それを選択したのは自分だと
決めたのは自分だと責任を負える生き方が大事。

 

1人で考えるだけじゃ、人に相談するだけじゃ
限界も出てくるし、世界も広がらない。
だからツールを使って引き出しを増やし
知覚を広げ発想を膨らますのよ。

 

主役はいつも自分、振り回されちゃだめだよ~

 

かといって、否定しちゃうのも
勿体ないから選択肢の一つとして
豊かさへつながるスイッチとして取り入れてね。

 

私の場合

・ENMAカード
・エンジェルカラーカード
・アセンデットマスターカード
・チャネリングカード
・日本の神さまカード
・インナーチャイルドカード
・タロットカード

これらを使ってます。
オラクルもタロットもあり。

 

オラクルは絵柄が気に入ったものを
タロットはかわいさと奥深さ重視で2種

 

その時に何を使えばいいのか
どう聞けばいいのか、何を感じ取るのかは
無意識で選択しているので迷ったりはしないし
これって何だともならないんだけど
タロットの深さはまだまだ勉強中。

 

学びに終わりってなくて
つねに気づきと発見があるから好きなのよね。

 

まだ増えるかもしれないし、減るかもしれないし
ピンとくる感覚を大切にしてます。

 

お気に入りの1つがあるだけで
だいぶ広がりますよ~

 

占いとして取り扱うのではなく
情報確認・自己確認・知覚拡張ツールとして認識するのが
分かりやすいし、胡散臭くなくていいと思うな(笑)

 

知らなくてもいい世界だけど
知ってると楽しいよ♪

 

スポンサーリンク
ライフチェンジヒーリング

ライフチェンジヒーリング
~ バランス ~

自分でとれない制限を取る
環境と思考と身体の遠隔調整

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

京都在住の天空のいやし人坪内薫です。楽に生きていくための相談、調整、基盤づくりをカウンセリング・エネルギーワーク・占いを使ったコンサルティングで行っています。龍と共に過ごすリアルな世界を発信しています。趣味はドライブ、旅行、パン作りとおしゃべりと妄想。プライベートではB'zとダウンタウンが大好きな主人、6歳の娘と2歳の双子の息子とにぎやかに京都で暮らしています。http://moji-majyo.com/