愛という言葉で納得できない訳

らーぶ らーぶ あーいお~ さーけーぇ ぼ~

 

この歌よりも
愛だろ、愛の永瀬正敏が好きな坪内薫です。

 

 

結局ね、愛なんだろうけれど
それって愛なんだよねって言われて
ムムムって慈英的に感じることあるよね?

 

なんで慈英になるかっていうと(呼び捨てすんまそん)

 

なに分かったようなこと言うてるん?!

それって責任逃れてるだけちゃうの?!

問題すり替えてない?!

ってか、あんたはどーなん?!

 

って感じてるんよ。

 

 

 

何なら怒りに近いようなその感情は
愛という言葉に対する前提が
よろしくないんだろうねぇ。

 

 

 

イイとか悪いとかじゃもちろんなく

 

愛っていうやつ → 胡散臭い

 

愛を受け取る → 見えないし、ってかモノじゃないし

 

愛 = わからない

 

愛って苦手 → そんなもの自分には無い

 

自分にない愛とかいうやつ → 胡散臭い

 

 

 

っていうループがあるんじゃないかと。

 

 

愛にポジティブなイメージを持てとか
シータヒーリングで書き換えろとか
そんなことをいうてるんやないん。

 

 

愛って聞いて
モヤッとしたり、イラッとしたり、ムムムってなったら

 

 

愛って言葉に
自分は何かを感じてるんだなって
認めること、突き飛ばすんじゃなくて。

 

 

 

そのままにしてもいいし
それってどういうことだろうって向き合うもよし。

 

 

 

感情が動くってことは
その奥に大きな扉があるってことだ。

 

 

納得できないその向こうに
今を変えるヒントがあるってことなんだ。

 

 

 

向き合うのは楽じゃないし
タイミングが来ないと開かないから
どんどん頑張れとは言わないよん。

 

 

ただ
拒絶だけでは何も変わらないってことは
知っといた方がいいし、覚えといた方がいい。

 

 

 

否定は何も生まないからさ。

 

 

愛、感じてますか?

 

ふふふ♡

 

 

 

 

これを書いてる人
userimg
宇宙系ボディーセラピスト・坪内薫
心と身体をつなげてパフォーマンスアップをサポートする専門家
アンフォールディング ボディワーカー/1975年7月京都生まれ、京都在住

独身時代はスピリチュアルとは関係のない会社員をしていたが、出産を機に興味のあった占いやヒーリングサービスの世界へ、2012年より多くの女性へお悩み解決のお手伝いをしてきた。近年は心と身体をつなげパフォーマンスをアップを主軸とするボーディータッチサポートに特化し、各地へ遠征しパフォーマンスアップのお手伝いをしている。

実は、占いやヒーリングを提供していた時に悩んでいました。相談者様の気持ちに寄り添いアドバイスをしても、占いの好転反応が出ることがあった。 本当に良いものなら好転反応も無ければ良いのに・・・。 そんな疑問を持って活動していたのですが、そんな時に寺嶋康弘先生のUnfolding Bodywork(アンフォールディングボディワーク)に出会い。 心と身体は繋がっているんだ!!と再確認。師事を仰ぎボディワーカーとなる。

今までの占いやヒーリングは、どうしても心(気持ち)のサポートが中心になってくる。 心だけ・身体だけの対応はどこかでズレが生じてしまう、しかし、このボディワークでは心と身体の声を聞き、両方のバランスを取ることでパフォーマンスのアップを実現している。

現在は経営者向けのボディワークに力を入れている。会社TOPのパフォーマンスが上がる事で、会社全体が好転する事が実証済み。 こちらからの信頼と尊重が、さらなるパフォーマンスアップに結びついている。京都でのサロンワークの他に、全国各地への出張も活発に活動中。

ボディワークを通じ各地のキーマンのパフォーマンスを上げる事で、地域を元気にし日本全体を元気にするのが夢。

趣味は着物と和太鼓と寺社仏閣巡り、美食探索、人間観察がライフワーク。
各地へ出かけ「変」なものを発見や撮影をして楽しんでいる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事